人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.06PR

スマホメーカーが作った2-in-1タブレットは機動力が違う!『HUAWEI MateBook』徹底検証【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

 

ファーウェイがWindows 10搭載の2-in-1タブレット『HUAWEI MateBook』を発売する。グローバルでは2月にスペイン・バルセロナで開催されたMobile World Congressで発表され、話題を集めた製品だ。スマートフォンメーカーが手がける初のWindowsタブレットは、これまでのPCやタブレットと何が違うのか。編集・イシザキとライター・オータが徹底検証する。

HUAWEI MateBook
『HUAWEI MateBook』
オープン価格(実勢価格7万9800円~)
ディスプレイ:12インチQHD(2160×1440ドット)。CPU:Intel Core m3/Core m5。RAM:4GB/8GB。ストレージ:128GB/256GB。OS:Windows 10。通信:IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1。バッテリー駆動時間:約9時間(動画再生)。●幅278.8×高さ194.1×厚さ6.9mm、重さ640g。

■12インチながら狭額縁でコンパクト。スマホの技術が詰まったタブレット

イシザキ:僕ら2人ともバルセロナでの発表会を取材したけど、ファーウェイがWindowsタブレットを作ったことに最初はみんな驚いたよね。

オータ:振り返るとあれは、今や世界3位のスマートフォンメーカーとなったファーウェイが、「Windowsタブレットにも本気で取り組む」っていう、意思表示だったのかも。実際に使ってみたけど、かなり気合い入ってるよ、この『HUAWEI MateBook』は。

イシザキ:まずデザインがいいよね。『HUAWEI Mate S』や『HUAWEI P9』といった、デザインに定評のある最近のファーウェイのハイエンドスマートフォンと、共通する部分が多いと思う。たとえば削り出しのアルミボディーとか、角を落とした「ダイヤモンドカット」とか。電源ボタンのヘアライン加工にもこだわりが感じられる。

エッジ部分を削ぎ落とした「ダイヤモンドカット」は、ファーウェイ製スマートフォンに共通するデザイン。
エッジ部分を削ぎ落とした「ダイヤモンドカット」は、ファーウェイ製スマートフォンに共通するデザイン。電源ボタンにもヘアライン加工が施されている。

<カバー&ドック>

カバー カバー

カバー カバー

ドック ドック

ドック ドック
カラーはグレーとゴールドの2色。これにブラックとホワイトのキーボード×ブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュの4色のカバー(『HUAWEI MateDock』も同色展開)を組み合わせられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ