人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.08PR

ガラケーやスマホとの2台持ちにベストマッチ!持ち歩きに最適な『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』【PR】

【ファーウェイ・ジャパン】

 

スマートフォンが普及したとはいえ、いまだ根強いガラケー人気。特に電話をかける機会の多いビジネスマンなら、「やっぱりガラケーのほうが話しやすい」と感じていても不思議ではない。一方で、最近では業務連絡にLINEやFacebookが使用されるなど、スマホがないと不自由なことも増えてきた。そこで人気を集めているのが、ガラケーと2台持ちしやすい“格安スマホ”だ。

だが、ビジネスマンに本当におすすめしたいのは、実はガラケーやスマホと“タブレット”の2台持ち。ガラケーとの組み合わせならタブレットをスマホ代わりとして使えるし、スマホとの組み合わせなら、スマホの小さな画面では見づらい作業を大画面でフォローできる。大画面ながら携帯性に優れ、しかもコストパフォーマンス抜群のファーウェイ製『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』は、まさにそんな2台持ちにベストなSIMフリータブレットだ。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』

<2台持ちにベストな理由1>
スマホより断然見やすく、タブレットとしてはコンパクトで持ち歩きやすいサイズ

ガラケーとの2台持ちに、スマホよりもタブレットがおすすめな理由は単純明快。ずばり、画面が大きいからだ。スマホでできることのうち、たとえばSNSやWeb、メールやビジネス文書の閲覧、電子書籍、さらには動画やゲームなど、たいていのことはタブレットでもできる。同じ事ができるのだったら、画面が大きいほうが見やすく、使いやすいに決まっている。

中でも『MediaPad T2 7.0 Pro』は、1920×1200ドットとフルHDよりもさらに高精細な液晶ディスプレイを搭載。写真や動画がきれいなのはもちろん、文字なども細部まで滑らかで読みやすい。大画面かつ高精細なので、スマホと2台持ちする場合も、より多くの情報を表示できるタブレットは一緒に持ち歩くと重宝するはず。さらに長時間文字を目にする場合も目に負担をかけないように、ブルーライトをカットして目を保護する機能を搭載。また太陽光の下でも明るくくっきりと見やすいよう、視認性を向上する機能なども標準装備されている。

片手でしっかりホールドできるサイズ感。明るい屋外でも高い視認性を実現。
片手でしっかりホールドできるサイズ感。明るい屋外でも高い視認性を実現。

画面が大きいとその分、筐体も大きくなりがちだが、『MediaPad T2 7.0 Pro』は、ファーウェイのスマートフォンでもおなじみの狭額縁設計を採用。左右の額縁部分が細い分、7インチとはいえコンパクトで、片手でしっかり持てるサイズになっている。背面の角を落とすなど持ちやすい工夫もあり、携帯性も十分。カラーもブルー、ゴールド、ホワイトとポップな3色が揃っていて、持ち歩くだけで気分が上がりそうだ。

スーツにも映える明るいカラーを採用。
スーツにも映える明るいカラーを採用。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ