人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.29

IT企業の7割以上が「要件定義工程」改善の必要性を実感

SHIFTはIT関連企業の役員層を対象に、「ITシステム開発に関する意識や実態」についてWebアンケート調査(調査期間:2016年4月20日~27日、有効回答社数:45社)を実施した。

ITシステム開発に関する意識や実態

■7割以上の企業が、「品質に関する工程を効率化または改善したい」と回答

効率化または改善したい項目に、「テスト工程(89%)」「要件定義工程(71%)」が挙がることから、7割以上の企業が、ユーザーが満足する高い品質でシステムを提供するためには、不具合を減らす「テスト工程」のみならず、ユーザーから要件を引き出す「要件定義工程」の改善にも注力することが肝要であると考えていることがわかった。

ITシステム開発に関する意識や実態

■ビジネス要求に応えると同時に、品質の担保も求められるという難題に直面

開発をするにあたり、特に意識している項目について聞いたところ、「納期から遅延なくリリースしたい(64%)」「開発期間を短くしたい(56%)」「開発コストを下げたい(56%)」、という開発部門が直面しているビジネス要求に関する項目が上位を占め、次いで、「リリース後の不具合を少なくしたい(56%)」「プロダクト品質を上げたい(47%)」と、品質に関する項目が続いた。いち早くサービスをリリースすることが企業の競争力向上、強いては売上や利益につながるために納期を守り、短い開発期間で計画通りにリリースするというビジネス要求に応えると同時に、品質も担保しなければならないという難題に直面していることが明らかになった。

ITシステム開発に関する意識や実態

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。