人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.07.07

飼い主なら覚えておきたい蚊が媒介する犬の病気「フィラリア」のこと

■連載/ペットゥモロー通信

 

目に見えないからこそ恐ろしい!

5-19

蚊が媒介することで感染するフィラリアは、とても恐ろしい病気ということを知っていますか?

フィラリアを持っている蚊に刺されると、皮下から2~3か月かけて筋肉へ侵入し、血液を通じて心臓に侵入します。これは、蚊の針から感染するのではなく、皮膚の表面に落ちたウイルスが、刺された後の傷口に入ることにより感染するためです。

そもそもフィラリアというのは、約10~30cmの糸状の寄生虫。感染後はすぐに症状が現れないのですが、次第に元気がなくなり、食欲低下・咳・貧血・血尿・腹水などの症状が現れ、最悪の場合血を吐いて死に至ることもあります。

フィラリアは、年1回の予防接種か、5~12月頃まで投与する飲み薬等で予防が可能な病気です。

犬は被毛に覆われているので、仮に愛犬が蚊に刺されていたとしても、なかなかそのことに気付くことはできません。だからこそ、もしフィラリアを持っている蚊に刺されてしまっても最悪の事態を避けられるように、対策が必要なのです。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。
HPhttp://petomorrow.jp/
Twitterhttps://twitter.com/PETomorrow
Facebookhttps://www.facebook.com/petomorrow/

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ