人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.28

【スマホ会議】iPhoneを超えるAndroidはあったか?「夏モデル」ちょい辛評価

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

【スマホ会議】iPhoneを超えるAndroidは出たのか?夏モデルちょい辛評価

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は夏モデル&サービスをテーマに話し合います。

■2016年夏モデル&サービス発表を総括すると…

房野氏:ソフトバンクは新端末のリリースを出しただけですが、ドコモとauは発表会をして、主要キャリアの夏モデル、サービスが出そろいました。印象を聞かせてください。

房野氏
房野氏

石川氏:ドコモの年間1モデル戦略は、これはこれでいいという気が、正直しています。「Xperia」が典型でしたけど、あんなにひんぱんに出されたらユーザーは混乱するし、ソニーは疲弊するし、我々も原稿をどう書いていいか困るし、誰も得していなかったわけですよ。

 年間1モデルだとはっきり分かれば、「Xperia」のXシリーズだったらこのタイミングで買っていいだろうと分かるし、恐らく次の商戦期では小型モデルが出てくる気がするので、そちらを待つこともできる。

ドコモ Xperia X Performance
ドコモ 『Xperia X Performance』

ドコモ Galaxy S7 edge
ドコモ 『Galaxy S7 edge』

 ただ、auはラインアップ数が妙に多い気がするので、auがこの先、どう舵を切るか注目しています。恐らくタスクフォースの話が出る前から仕込んでいるので、また売れなくなったらメーカーは厳しい状況になりそうな気がするので、auは今後、どうするのか見ものですね。

石川氏
石川氏

石野氏:年間1モデル戦略は、グローバルの潮流を考えると当然だと思います。「Galaxy」も、Noteシリーズを出しつつフラッグシップは年間1モデルだった。そこに安いモデルを組み合わせてラインアップを作るというのがグローバルの考え方。スマートフォンはグローバルのものを、そのまま受け入れているところがあるので、合わせていくのは当然かなと。

 逆に、「Xperia」はグローバルでやっているのに、今までドコモに合わせ過ぎていて、海外で疑問に思われるところがあった。だから『Xperia Z4』が海外で『Xperia Z3+』として発売されたり、国内と海外で統一されていない状況が起こっていた。ソニーモバイルの売上がここまでドコモに依存しているので、仕方がない面はあるんですけど、ドコモが年間1モデルに舵を切ったのは、ソニーの影響も多少あるという印象を、話を聞いていて持ちました。

 ソフトバンクもそういう方向になっているので、auは石川さんと同じく多すぎじゃないかと気になったところですね。もともと夏商戦は、そんなに大きな商戦期じゃないので。

石野氏
石野氏

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ