人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.29

猛暑の夏こそ検討したい!「電力会社」乗換案内【エネルギー・通信編】

有名企業が続々参入!注目事業者はココだ!〈前編〉

4月1日から、ついに電力小売りの全面自由化が始まった。すべての家庭が、好きな会社の好きな電気料金のプランを選べるようになる。しかし、すでに多種多様なプランが発表されており、今後もますます増えていく見込みだ。我が家に最適な電気料金プランをどう選べばよいのか?

自前の発電所を保有するところが多いガス・ガソリン系は、電気料金面での競争力も高く、新電力の本命的存在。通信系は、各社の通信サービスの料金が割引対象となるため、セットでの加入が基本となる。

《ガス・ガソリン系》
ガス・ガソリン系

【東京ガス】

東京ガス

東京ガス

◎提携プロバイダーを利用中なら抜群のお得度

主力プランの『ずっとも電気1』は、単独での基本料金は高いが、ガスとのセット契約で月額270円安くなる。さらに、インターネットのプロバイダーをセットにした『東京ガストリプル割』にすると、プロバイダー料金が年間最大3600円(税別)割引(プロバイダーにより割引額や適用期間は異なる)。また、各共通ポイントと交換可能な『パッチョポイント』が毎月電気料金の1.5%分貯まる。

[年間実質節約額のモデルケース(アンペア数/月間平均使用量)]

40A・400kWh/1万76円
50A・700kWh/2万2586円

【大阪ガス】

大阪ガス

大阪ガス

◎ガスと2年契約で電気料金が5%割引に

『ベースプランA』は24時間同一の料金設定で2%の割引に。単価の高い3段料金が抑えられるため、電気料金が高い家庭ほどお得度が高くなる仕組み。ガスとのセット契約で電気料金の1%が割引となり、さらに、長期2年割引にするとプラス2%の割引が受けられ、計5%に。ただし、長期2年割引を途中解約すると2000円(税別)の解約料が発生する(エリア外への引っ越しは解約料なし)。

[年間実質節約額のモデルケース(アンペア数/月間平均使用量)]

400kWh/4118円
700kWh/9358円

【JXエネルギー】

JXエネルギー

JXエネルギー

◎ガソリン代割引やポイント還元など多彩

『基本メニュー〈Aプラン〉』は、2年契約で1kWh当たり0.2円の割引となり、3年目以降は0.3円になる。さらに、以下の3種類の割引サービスから1つ選べる。(1)ENEOSカード割引はガソリン1L当たり1円割引。(2)特別提携カードポイント付与はビューカードなど対象カードでのクレジット払いでポイント最大2倍。(3)Tポイント付与は電気料金200円(税抜き)につき1ポイント貯められる。

[年間実質節約額のモデルケース(アンペア数/月間平均使用量)]

40A・400kWh/6485円
50A・700kWh/1万7683円

【東燃ゼネラル石油】

東燃ゼネラル石油

東燃ゼネラル石油

◎電気料金が最大6%割引に

現時点で、系列のエッソやモービルなどのスタンドでのガソリン代の割引はない。その代わり、電気料金の価格競争力は高く、『myでんき 従量電灯B』は、東京電力の一般家庭向けの従量電灯Bに対して、30Aで3%、40A・50Aで5%、60Aでは6%程度の割引となる設定。また、提携LPガス会社が独自に割引サービスを提供するケースも。4月以降、中部や関西も順次カバーする予定。

[年間実質節約額のモデルケース(アンペア数/月間平均使用量)]

40A・400kWh/4851円
50A・700kWh/9012円

●東京ガスの『パッチョポイント』は意外と使い勝手がいい

交換先となっている共通ポイントは、dポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、Tポイント、WAONポイントと豊富。トリプル割の対象プロバイダーに加入していて、割引を受けられる人は有力な選択肢となるはずです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。