人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.30PR

セルフカットでスタイルキープ!人気美容室ZACC流『ヘアーカッター』使いこなし術【PR】

サロンでお気に入りのスタイルにカットしても、気分上々でいられるのは2週間程度。その後は少しずつバランスが崩れてくるうえ、ワックスなどでアレンジしようにも、カット後の雰囲気は、なかなか出せない……。

人間の髪の伸びるスピードは個人差もあるが、1日約0.3mm、3日で1mm程度といわれている。つまりサロンでカットして2週間後には計算上4.2mm、1か月で10mmも伸びることになり、刈り上げ面からシャープさが失われてしまうなど、ヘアが決まらなくなるのも当然のことなのだ。

そこで最近、ひそかに浸透しつつあるのがセルフカットによる〝合間散髪〟。これは次のサロン予約日までの間、自分で髪をカットすることで、カット直後に近い状態をキープしようというものだ。

なかでも、この新トレンドを支えるアイテムとして注目を集めているのが、パナソニックの『メンズヘアーカッター ER-GC72』。1~20mmまで0.5mm刻みで38段階の長さ調整が可能など、こだわりのスタイリングを手軽にキープできると話題のヘアーカッターだ。そこで、今回は使い方のポイントやセルフカットのコツなどを東京・表参道のヘアサロン、ZACCで代表を務める髙橋和義さんに取材した。ぜひ、参考にしていただきたい。

その前に「ER-GC72」の機能を整理しておこう。

パナソニック
『メンズヘアーカッター ER-GC72』
オープン価格
_MG_7092

外形寸法/幅51×高さ173×奥行き44mm
質量/約157g(アタッチメント含まず)
連続使用時間/約30分
付属品/刈り高さアタッチメント:A(1〜10mmまでの長さに使用)、B(11〜20mmまでの長さに使用)、ナチュラルアタッチメント(毛量調整用)

_MG_7082

「ER-GC72」には刈り高さアタッチメントA、刈り高さアタッチメントB、そしてナチュラルアタッチメントという3タイプのアタッチメントが付属している。このうちアタッチメントAは1~10mm、Bは11~20mmの長さ調整に使用する。ナチュラルアタッチメントは毛量調整、いわゆる〝すきバサミ〟の役割を担う。

_MG_7084 _MG_7085

使い方としては、カットしたい長さに当てはまるアタッチメントを本体に装着。ダイヤルを回して、その長さにセットするだけ。それに応じてアタッチメントが上下するため、設定以上の長さの髪がカットされない仕組みだ。

_MG_7088

本体は手になじみやすいコンパクトボディを採用。さまざまな部位でもカットしやすいようにヘッドの角度はもちろん、滑りにくいグリップパターンなど細かな配慮が施されている。

そんな「ER-GC72」の機能を把握したところで、さっそく髙橋さんに「ER-GC72」の使い方をプロならではの視点から解説していただこう。

_MG_8425

髙橋 まずカットする際の主なポイントは次の2つ。本体は頭の輪郭に沿って動かすこと。そして上(頭頂部)に向かって動かすときは、グリップが顔に近づけるようにしてください。顔から離すように動かすと、設定以上の長さの髪が刈り込まれる場合があり、いわゆる〝トラ刈り〟になってしまうからです。

「ER-GC72」はスイッチを外側にして、頭頂部に向かって下から上に動かしてカットするのが基本。その際にグリップを顔に近づける=本体を頭部から逃がすように動かすことが、失敗を防ぐコツなのだ。

髙橋 耳の周囲や襟足などは現状より2mmぐらいのカットをおすすめします。2mmで変化がなければ、同じ2mmのままで2回、3回と繰り返してください。このエリアは、短くしすぎると収拾がつかなくなるので、余裕のある長さ設定でスタートするのがいいでしょう。

 

_MG_8494

髙橋和義さん
株式会社ZACC代表。1988年にZACCをオープン。現在、青山表参道にそれぞれ個性を生かした店舗を展開。各コンセプトのもと幅広いゲストに対応し、数多くのアーチストや著名人のスタイリングも手がける。サロンワーク以外にもCM・写真集等のヘアメイクを担当し、オリジナル商品も開発。セミナーやショーは日本を含めパリ・中国・台湾などで行なうなど海外にも活躍の場を広げている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ