人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.25

宿泊費1万円引きは当たりまえ!「ふるさと割」を使って旅行してみた

 以前、「エヴァ新幹線」に乗ってきたエピソードを綴った。今回はその続きで、博多に到着した後の話を紹介したい。宿泊して福岡を観光したのだが、ただ泊まるのではなく、「ふるさと割」を使ってみた。結果、とてもお得な旅になったので詳しく紹介したい。

◎国内旅行の裏ワザ。割引率の高さが魅力

「ふるさと割」については、意外と知られていない気がする。国が実施する、地方創生のための交付金を活用した、旅行商品の割引サービスである。いささかややこしいが、要するに国から旅費の補助金が出ると考えるとわかりやすい。「ふるさと旅行券」などとも呼ばれる。「ふるさと納税」と名称が似ているが、もちろん無関係だ。

 割引内容や割引率は様々である。自治体ごとに異なるし、すべての都道府県が実施しているわけではない。最も多いのは「○円以上の利用で△%割引」といった形態のもの。宿泊費だけでなく、飛行機や列車を組み合わせたツアー商品のほか、現地でのアクティビティーを対象とした割引もある。

 今回博多で僕が利用したのは、「2万円以上の宿泊で1万円引き」という「ふるさと割」だ。せっかくなので、普段出張などで泊まるビジネスホテルよりもランクを上げて、「グランド ハイアット福岡」に決めた。料金はぎりぎり2万円を超えるぐらいだったので、何とほぼ半額になった。いやはや、お得すぎる。申し訳なくなるほどだ。

 なお、「1万円以上の利用で5000円引き」というのもあった。こちらも悪くないが、割引額が大きいほうが、「ふるさと割」のありがたみをより強く感じられるかもしれない。

◆今回利用した「ふるさと割」はこの2つ!

《2万円以上の宿泊費から1万円割引!》

2万円以上の宿泊費から1万円割引! 2万円以上の宿泊費から1万円割引!

「ふるさと割」は「じゃらん」などの予約サイトからクーポンとして利用できる。グランド ハイアット福岡の宿泊費は2万520円だった。これが1万円割引となり1万520円に。条件金額をぎりぎり超えるぐらいだとお得感が強い。

《2500円で移動費&料理付き! 西鉄発行の「太宰府和膳きっぷ」》

2500円で移動費&料理付き! 西鉄発行の「太宰府和膳きっぷ」 2500円で移動費&料理付き! 西鉄発行の「太宰府和膳きっぷ」

2500円で移動費&料理付き! 西鉄発行の「太宰府和膳きっぷ」

「ふるさと割」の適用範囲は、ホテルだけでなくツアーや現地体験など多岐にわたる。太宰府天満宮を観光するのに利用した「太宰府和膳きっぷ」も、これを活用したもの。太宰府駅までの往復の電車賃と食事、お土産がセットになったお得な切符。食事は天満宮近くの5つの名店から好きなところを選べる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。