人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.24

JALが中距離路線向け新ビジネスクラス「SKY SUITEⅢ」にフルフラットシートを導入

■連載/鳥海高太朗のTRAVEL HACKS!

日本航空(JAL)のバンコク線、シンガポール線、ホノルル線などの中距離に投入されているボーイング777-200ER型機に新型シートのビジネスクラスが搭載されることになった。全席通路にアクセスできる1-2-1の座席配列のフルフラットシートを搭載した新しいビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の運航を6月18日の羽田~バンコク線を皮切りに、8月からは羽田~シンガポール線、2017年1月以降に羽田・関西~ホノルル線、3月以降に成田・中部~ホノルル線へ順次導入する。

JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は? JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は?

JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は? JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は?
中距離路線向けボーイング777-200ER型機にフルフラットシート「JAL SKY SUITEⅢ」を導入。座席配列は1-2-1。6月10日に羽田空港でメディア関係者にお披露目。

既にJALでは、欧米路線などの長距離路線に投入されているボーイング777-300ER型機とボーイング787型機の一部に搭載されている「JAL SKY SUITE」、成田~ホノルル線・クアラルンプール・マニラ線、羽田・成田~シンガポール線などの中距離路線向けのボーイング767-300ER型機に搭載されている「JAL SKY SUITEⅡ」にフルフラット型のビジネスクラスを導入している。JAL SKY SUITEシリーズはすでに31機を数え、今回のボーイング777-200ER型機の「JAL SKY SUITEⅢ」は、3タイプ目のフルフラット型ビジネスクラスとなる。

新しいボーイング777-200ERに搭載の「JAL SKY SUITEⅢ」は、同じく中距離路線に投入のボーイング767「JAL SKY SUITEⅡ」に比べてパワーアップした印象がある。大きな違いはフルフラットのベッド状態にした時に横幅が広く感じられること。ボーイング767の「JAL SKY SUITEⅡ」ではベッド幅が52センチだったものが今回の「JAL SKY SUITEⅢ」では74センチになった。

横幅が20センチ違うことはシングルベッドがセミダブルベッドになったのと同じくらいの感覚に思える。快適性が格段にアップした。この機材における座席位置の選び方としては、一人利用の場合は窓側席を選ぶことで自分だけの空間が確保され、二人利用の場合は、中央席を選ぶことで会話をしながらフライトを楽しむことが可能だ。特にハワイ線などのリゾート路線において夫婦やカップルで利用する際には、二人で会話をしながら過ごしたいという需要も多く、真ん中席を選ぶことで向き合う形になり、会話が楽しめるようにしたのだ。

JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は? JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は?
一人利用の場合は窓側がおすすめ。2名利用は中央席で向かい合うことができる。

JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は? JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は?
通常状態とフルフラット状態。フルフラットにするとベッド幅が広く、機内でよりぐっすり眠れる。

今回の新シートには様々な工夫が見られる。筆者も実際に横になってみた。完全フルフラット型シートで横になれることが最大のメリットではあるが、その次に感じたのが足元部分の広さ。最近のヘリボーン型のフルフラットシートの多くは足元の奥部分が狭くすることでスペースを確保している傾向にあるが、「JAL SKY SUITEⅢ」では足の先端部分まで同じ広さを確保したことは大いに評価できる。特に通路側の2席においては、ベッドポジションにした際に若干の高さの違いがあるのだ。よく見ないとわからないが、スペースを確保するための目に見えない努力の賜だろう。

JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は? JALがハワイなど中距離路線向けに導入する新ビジネスクラス「JAL SKY SUITEⅢ」の乗り心地は?
足元の奥部分も広くなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。