人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.15

MacでもSiriが使える!3分でわかる「macOS Sierra」の新機能

AppleはMacをこれまで以上にスマートで役立つ存在にする機能を加えたメジャーアップデート、『macOS Sierra(マックオーエス・シエラ)』を発表した。今回のメジャーアップデートにより、SiriがMacでも使えるようになり、ユーザーが毎日デスクトップで行なう作業を手助けするまったく新しい機能を搭載。情報を調べたり、書類を探したり、検索結果にピンを付けたりドラッグ&ドロップしたり、さらにシステム環境設定を調節したりすることさえ、Siriでできるようになる。

OS1012-HomescreenSiri_PR-PRINT

iCloudとのシームレスな統合により、デスクトップや書類フォルダにあるすべてをiPhoneやiPadからも利用することができるようになるため、いつでも必要なファイルにアクセスすることができる。Universal Clipboard(ユニバーサルクリップボード)を使うと、テキスト、画像、写真そして動画を含むコンテンツを一つのAppleデバイスからコピーし、別のAppleデバイスにペーストすることも可能。SierraではApple PayをMacで使うことができるようになるため、これまで以上に安全かつプライベートにオンラインショッピングを楽しめる。また写真アプリケーションでは、大切な思い出を再発見したり、ライブラリを整理したり、撮った写真をプロのように完璧に編集することも可能だ。

今回の発表に際して、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは次のように述べている。
「『macOS Sierra』は、皆様が使い慣れたお気に入りのアプリケーションへの改良や、素晴らしい数々の新機能によって、Macをこれまで以上にスマートで役立つ存在にするメジャーアップデートです。『macOS Sierra』では、Siriを使って情報を入手し、ファイルを探し、マルチタスクをしたり、どこからでもMacのデスクトップや書類フォルダにアクセスしたり、MacとiOSデバイス間でコピー&ペーストをしたり、写真アプリケーションで貴重な思い出を再発見したりすることができます」

■SiriがMacにデビュー

ワンクリックするだけで、MacでSiriを使うことができる。Siriのおなじみの機能が、デスクトップ用に設計されたまったく新しい機能とともにMacでも使えるようになる。Dock、メニューバーまたはキーボードから簡単にアクセスできるSiriを使うと、自分の声を使って情報を検索したり、ファイルを探したり、メッセージを送信したりすることができる。例えば、昨夜作業したドキュメントを探したり、カレンダーにミーティングの予定を加えたり、FaceTimeでの通話を始めたり、といったことをSiriに頼むことが可能。

MacでSiriを使うと、Siriの検索結果をドラッグ&ドロップでドキュメントまたは電子メールに追加したり、通知センターにSiriの検索結果をピンで付けてスポーツのスコアや株価といった情報に常にアクセスできるようにしたり、さらにシステム環境設定を調節したり、リマインダーを設定したり、写真ライブラリを検索したりすることさえできる。SiriのMacでのデビューに伴い、SiriはiOS、macOS、watchOSそしてtvOSといったAppleのソフトウェアプラットフォーム、4つすべてで使えるようになり、世界36か国で毎週20億件のリクエストを処理することになる。

■すべてのデバイスでデスクトップと書類を共有

『macOS Sierra』では、デスクトップ上と書類フォルダ内のすべてのファイルが自動的に他のどのMac、iOSデバイスまたはWindows PC上でも使えるようになる。デスクトップ上または書類フォルダ内に通常のやり方でファイルを保存するだけで、必要なときにどこからでも利用することができる。iPhoneおよびiPad上のiCloud Driveアプリケーションから、そしてiCloud.comから、またはiCloud for Windowsアプリケーションからも自分のファイルにアクセスすることが可能。そして別のMacにログインすると、ファイルはデスクトップや書類フォルダなど、先に保存したのと同じ場所に自動的に現れる。

■デバイス間でコピー&ペースト

『macOS Sierra』ではAppleデバイス間の連係もさらに改善されている。Universal Clipboard(ユニバーサルクリップボード)を使うと、クリップボードの内容がiCloudを通じてすべてのAppleデバイスで利用できる。テキスト、画像、写真そして動画をMacとiPhone、iPad間で簡単にコピー&ペーストすることができる。

■ほとんどすべてのアプリケーションにタブ

デスクトップをより効率的にナビゲートできるよう、『macOS Sierra』ではSafariの人気機能であるタブが、マップ、メール、Pages、KeynoteそしてTextEditなどマルチウィンドウに対応する全てのMacアプリケーション、さらにはサードパーティのアプリケーションでも利用できるようになる。タブを使うと、マップ内で現在の位置を失うことなく複数のロケーションを閲覧したり、Pagesの書類間のコピー&ペーストをフルスクリーンで行なったり、メールで複数の下書きの間を素早く行き来したりすることが可能になる。

OS1012-SiriDocSearch_PR-PRINT

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。