人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.13

みんなが飲んでいるエナジードリンクTOP5

疲れたとき、気合いを入れたときに飲みたいものといえば、最近はエナジードリンクではないだろうか。気がつくと様々なものが発売になっているが、果たしてエナジードリンクは、どれほど認知され、飲まれているのであろうか。マイボイスコムは『エナジードリンク』に関するインターネット調査を実施し、1万1438件の回答を集めた。

red-bull-565614_960_720

エナジードリンク、エナジー系飲料(以下、エナジードリンク)の認知率は、『オロナミンC』(84.4%)が最も高く、デカビタCリアルゴールド が各6割弱、レッドブル・エナジードリンク眠眠打破、強強打破、激強打破メガシャキ/ギガシャキが4割前後で続く。アサヒドデカミンオリジナル/ストロングモンスターエナジーシリーズレッドブル・エナジードリンクは、若年層で比率が高い。

■エナジードリンクの飲用頻度、飲用場面

エナジードリンクを飲む人は5割弱で、男性40代以下では6割前後。週1回以上の飲用者は約7%で、男性20代では2割強となった。

『エナジードリンク』に関するインターネット調査

エナジードリンクの飲用場面は、「疲れているとき」が飲用者の4割で最も多く、「休憩中・休み時間」「仕事・勉強・家事をしながら」「気分転換したいとき」が各2割弱で続く。「疲れているとき」は女性高年代層で比率が高く、女性30代以上で各5割となっている。「仕事・勉強・家事をしながら」は、若年層で比率が高い傾向がみられる。主飲用銘柄別に見ると、『チョコラBBジョマ』は「疲れているとき」の比率が高く、『眠眠打破・強強打破・激強打破』『メガシャキ/ギガシャキ』では「眠気を覚ましたいとき」が最も多くなっている。

『エナジードリンク』に関するインターネット調査

■エナジードリンク選定時の重視点

エナジードリンク選定時の重視点は、「味」「価格」に続き、「効能・効果」「飲みやすさ」が上位にあがっている。「味」「飲みやすさ」は女性が男性を 12~15ポイント上回る。『チョコラBBジョマ』『眠眠打破・強強打破・激強打破』『メガシャキ/ギガシャキ』主飲用者では、「効能・効果」が各5 割で「価格」より比率が高い。

■直近1年以内に飲んだエナジードリンク

エナジードリンク飲用者が直近1年以内に飲んだ銘柄は、『オロナミンC(58.3%)、デカビタC(28.4%)、リアルゴールド(23.9%)が上位3位、以下レッドブル・エナジードリンクアサヒドデカミンオリジナル/ストロングが2割弱で続く。レッドブル・エナ ジードリンクは10・20代、アサヒドデカミンオリジナル/ストロングモンスターエナジーも男性10・20代で比率が高い傾向だ。リアル ゴールドは男性、チョコラBBジョマは女性で比率が高く、それぞれ男女差が10~11ポイントみられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。