人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.12

今までの「父の日」で一番うれしかったことは?

高齢者住宅の相談窓口「シニアのあんしん相談室」を運営するウェブクルーは、全国の3231人を対象に「父の日に関するアンケート」を実施した。

父の日に関するアンケート

■「父の日」実施率は2人に1人以下!「母の日」よりも低い結果に

子供がいる男性を対象に「昨年の父の日にお子様からプレゼントなど、何かしてもらいましたか?」という質問をしたところ、「してもらった」が47.3%、 「してもらわなかった」が52.7%と、何かしてもらった父親は2人に1人以下という結果になった。昨年の母の日の実施率60.2%(2016年3月に同社が実施した「母の日に関するアンケート」の結果より)と比較し、実施率が大きく下回った。

また、「今年の父の日はお子様からのプレゼントなどを期待していますか?」という問いに対して、71.9%の父親は「どちらかといえば期待していない」「期待していない」という結果に。「期待している」と答えた人は、「普段はあまり交流の機会がないので」や「一緒にお酒を飲みたい」など父の日を1つの機会として子供との交流を図りたいと考えている意見が多く見受けられた。対して「期待していない」と答えた人は、「子供に負担をかけたくない」「特別なことは必要ない」など、子供への配慮や、父の日に対して特別感を持っていない意見が多く見受けられる結果となった。

父の日に関するアンケート

■「父の日」のプレゼント内容、女性は「食品・スイーツ」、男性は「お酒」が第1位!

昨年の父の日にプレゼントなど何かした人を対象に、「昨年の父の日は何をしましたか?」という質問をしたところ、男女間で違いが見られた。女性の第1位は 「食品・スイーツを贈った」(34.3%)に対し、男性は第1位が「お酒を贈った」(23.3%)という結果に。母の日は「お花を贈る」という回答が半数近くをしめていたが、父の日には圧倒的に多数をしめる回答は見受けられなかった。母の日にはお花を贈ることが定番化されているのに対 し、父の日の贈り物はあまり定番化されていないことがうかがえます。
「働くお父さん」というと、「スーツにネクタイ姿」をイメージする人も少なくないと思われるが、クールビズや働き方の変化によるネクタイ着用率の低下で、昔は定番化されていたネクタイも最近では定番から外されてしまっていることもあるかもしれない。

父の日に関するアンケート

■「父の日」ギフトの実店舗・ネット通販での購入理由は、ともに「たまたま良い商品を見つけたから」が母の日よりも多い結果に

「昨年の父の日ギフトはどこで購入しましたか?」という質問をしたところ、全体で51.7%が実店舗、26.4%がネット通販で購入しているという結果に。実店舗とネット通販での購入理由をそれぞれ聞いたところ、実店舗は「直接見て買いたいから」、ネット通販では「品揃えが豊富だから」がそれぞれ第1位となった。
実店舗とネット通販での購入理由の第1位、第2位は、父の日と母の日で大きく差がないような結果となったが、第3位を見てみると、母の日では上位にあがってこなかった「たまたま良い商品を見つけたから」という理由が父の日では上位にランクインをしている。母の日には「お花」という定番商品があるためギフトに悩むという人があまり多くない一方、「父の日はこれ!」という定番商品が定着していないため、ウィンドウショッピングの最中やネットサーフィンの最中でたまたま見つけたものをギフトとして選ぶ人も多いのではないだろうか。

父の日に関するアンケート

■もらって嬉しかった「父の日」ギフトは「ファッション小物」。母の日と同じく「メッセージ」が第2位!

子供がいる男性を対象に、「今までの父の日で一番嬉しかったことは何ですか?」という質問をしたところ、「分からない・無回答」を除き、1位「その他」 (22.2%)、2位「メッセージをもらった」(15.7%)、3位「ファッション小物(ネクタイ、ベルト、靴下等)をもらった」(13.0%)という結果に。母の日と同様、「メッセージをもらった」が第2位という結果になった。また、印象に残っているエピソードを聞いてみると、「肩たたき券」や「似顔絵」などの回答が多く見受けられた。もしかしたら、「似顔絵」という選択肢があれば、ダントツで1位という結果になっていたかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。