人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

IoT、AI、新技術が流行っている時に注意したい商品企画のワナ

2016.06.09

■「アプリ作ろう!」の間違い

僕は毎日、様々なチームの企画会議に参加したり、販売促進をしたりする仕事をしていますが、いろいろな会議に出ていると、本当によく「アプリを作ろう」という発想が誰かから出てきます。僕は会議では、逆にIT技術を1つも使わないで問題を解決する方法から先に考えてもらう流れを作るようにしています。「手段が何か」ではなく「ニーズがあること」をまず考えるためです。

事実、アプリは、スマホに搭載された高機能を使って様々なことを表現できる手軽な手段です。とはいえ開発コストは安くありませんし、投資を回収して利益を上げていくことは容易ではありません。みんながスマホを持つ時代だから、手に渡りやすいと妄想しがちですが、一人がダウンロードするアプリの数など、たかが知れています。アプリを作るなら、誰からどうやってお金を頂くかを設計しなければなりません。

アプリに関しては、徐々に飽和状態になりつつあるため、皆考えて開発するようになっていますが、ブームになっている目新しい技術に着手して新しいモノづくりをするときに、同じことが起きてしまいがちになります。つまり、その商品にニーズがあるかどうかの判断が、半歩甘くなってしまうのです。「新しいから早くやろう。ニーズが生まれるはずだ」ここに希望的観測を入れてはいけないのです。誰かがこれをいろいろな用途で必要とする時が来るはず! などと思っていませんか?

僕は、これまでの開発者人生で一度、気絶するくらい売れない商品を作ってしまった苦い経験があります。この時、その失敗を振り返って、とても大切なことを生涯胸に刻み続けることになりました。それが、

誰かが買うだろう、は、絶対誰も買わない。

絶対買う人を確認できていないものは、作ってはいけないのです。もちろん、予期せず大ヒットするものはたくさんあります。チャレンジをやめると大ヒットが生まれなくなる現象もわかります。では、どうすればよいのでしょうか?

IoT、AI… 新技術が流行ったときの企画開発のワナ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。