人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.09

【コスプレ撮影術】意外と簡単!バブルマシンで特殊効果に挑戦

■連載/ゴン川野の阿佐ヶ谷レンズ研究所

【コスプレ撮影術】バブルマシンで泡だらけ、手軽に使える特殊効果に挑戦!

■Introduction

コスプレスタジオの特殊効果三大レンタルマシンと言えば、スモークマシン、スノーマシン、バブルマシンと相場が決まっている。もっともお世話になるのがスモークマシンだが、あとの2つはあまり馴染みがないという人が多いのではないだろうか。スノーマシンは雪を降らせたいシチュエーションで使うというのは分かるが、バブルマシンを使うタイミングが良く分からない。やはり「ラブライブ!」とか「プリパラ」とか「アイマス」とか、うおーっ、あんまり撮ったことないジャンルだよこれ。

しかし、スノーマシンよりバブルマシンの方が敷居が低そうである。なにしろシャボン玉が出てくるだけなのだから。普通のライティングで撮れるに違いない。ということでコスプレスタジオ「ai Route studio」にご協力いただきバブルマシンの作例を撮影した。

■Studio

「ai Route studio」は本館6階、別館9階を合わせて30以上の撮影エリアがある迷宮のようなコスプレスタジオである。今回、撮影に使ったのは別館7階の白廃墟エリアだ。シャボン玉だけを撮るなら背景は黒い方がいいのだが、コスプレが「PSYCHO-PASS」の花表翼のナースだったので白い背景を選んだ。レイヤーはしゃけフレークさんにお願いした。

■Experiment

「ai Route studio」ではバブルマシンを60分500円でレンタルしている。使い方は非常にシンプルで電源コードを差し込んだら、電源スイッチを入れるだけ。これでシャボン玉を作る部分が回転を始めて正面からドンドンシャボン玉が出てくる。マシンは水平に置かないと中に入っている専用液がこぼれるので注意しよう。持ち運ぶときも水平を保とう。マシンの周囲には液が飛び散り、シャボン玉が落ちた床もベタベタする。これで床が滑りやすくなるので要注意だ。使用後の清掃が義務づけられているスタジオが多いが、危険なので義務でなくても撮影後は床を拭いておこう。

通常のライティングではレイヤーに対して正面からアンブレラ+ディフューザー1灯なので、まずはこの方法で撮影してみよう。作例を見ると分かるが正面からのライトではシャボン玉が薄くしか写らないことが判明。これはもしかして逆光で撮った方がいいのか? さらに背景は白よりも暗い色の方が目立ちそうなので急遽、青い布を追加した。そして露出はアンダー気味にしてシャボン玉が目立つようにした。最終的にはライトの位置を正面から右サイドに移動、これでシャボン玉の左右に傘の写り込み入ってイメージ通りの写真になった。バブルマシンはレイヤーの後ろから、レイヤーとカメラの間に移動して斜め横に置いている。今考えれば、真横から飛ばした方がカメラや衣装が汚れにくくなった思う。レイヤーをもっと明るくしたいなら、人物用のライトを1灯追加すればいいだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ