みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >連載
  3. >難民、アメリカ、サイバー戦争、バロ…

難民、アメリカ、サイバー戦争、バロウズ…ドキュメンタリーが豊作だった今年のベルリン国際映画祭(2016.06.06)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/Londonトレンド通信2月11日から21日まで開催された第66回ベルリン国際映画祭は、社会派と呼ばれる本映画祭らしい結果となった。秀作が多かったドキュメンタリー映画から目立ったものをあげつつ、映画祭全体を振り返る。世界的な課題となっている増え続ける難民についてベルリン国際映画祭は、「映画祭が始まった66年前には、ドイツからの難民、またトラウマを負い故国を離れた何百万という人がヨーロッパにいた」として、難民を上映に招待することを開幕前に発表し、映画祭参加者に救済のための募金を呼びかけた。そのドイツに感謝の意を表したのが、辛らつなドキュメンタリー映画で知られるマイケル・ムーア監督だった。...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。