人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.04

「イヤホン装着」「傘を差しながら」も安全運転義務違反!改正道路交通法施行1年で見えてきた大半が違反予備軍という事実

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

 2016年6月1日に施行1年となる『改正道路交通法』を受け、日本最大級のサイクルフェスティバル“サイクルモード”事務局では、自転車に関する交通ルール順守とマナー向上を目的に設立した“チーム キープレフト”運動の一環として、自転車運転に関する意識調査を実施した。

 5月14日(土)~15日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催された「YOKOHAMAサイクルスタイル×ミニベロフェスタ」の会場において回収された700名(男/487名・女/213名)のデータを見ると、約84%にあたる594名が「内容を理解し遵守している」「理解に不安があるが守る意識はある」と回答。施行後すぐにテレビや新聞などで大きく取り上げられたことから、多くの人がその存在を意識していることが分かった。

『改正道路交通法』では「自転車運転の危険行為14項目」が明文化され、この危険行為を繰り返す違反者には安全講習の受講が義務化。しかし上記の『改正道路交通法』を知っている594名のうち過半数の340名は「理解に不安がある」とし、その他「よく分からないから守れない」「自己都合を優先してしまい守れていない」などの違反予備軍とも呼べる人数も約14%に及んだ。

 さらに、夜間はライトを点灯しないと違反となるところ、点滅させて走行してしまっているなど、知らずに違反をしてしまっている人も全体の1/3程度。そこで今回は、とくに分かりにくいというアンケート結果が出た危険行為項目を中心に「うっかり違反者」にならないための注意点を説明していこう。

施行1年で見えてきた!約14%以上が『改正道路交通法』違反予備軍という事実!?

施行1年で見えてきた!約14%以上が『改正道路交通法』違反予備軍という事実!?
「YOKOHAMAサイクルスタイル×ミニベロフェスタ」では、スポーツバイクだけでなく、シティサイクルや電動アシストユーザーにもアンケートが実施された

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ