人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.03

人生、一度はオーダースーツを!3万9000円で注文してみた【前編】

 男なら一度は憧れる、オーダースーツ。ただ、多くの人は値段の高さや敷居の高さで断念し、既製品を着ている。けれど、今、オーダースーツは“お手頃価格で、気軽に仕立てる”モノになっているという。早速、オーダーしてみよう。

■スーツが上下3万9000円からオーダーできる

 社会人の制服ともいえる、スーツ。とりあえず量販店で購入し、満足している人が多いだろう。だが、オーダースーツは全く別モノといっていいくらい、違うのだ。

 いきなり結論から言ってしまい申し訳ないのだが、羽根のように軽い。それは素材の軽さだけではない。身体の寸法にフィットしているため、突っ張るような感覚がほとんどしないからで、とにかく動きやすく、軽く感じてしまうのだ。

 そして、スタイリッシュだ。余計なだぶつきがないから、シルエットが美しく、知的に見える。

 でも、高いんじゃないだろうか? オーダーするための知識がないからムリなんじゃないか?……。そんな理由で諦めているのなら、実にもったいない話。今では、既製品とあまり変わらない値段でオーダーが可能なのだ。当然、有名なテーラーもこぞって低価格でのオーダーを受け付けている。

 そんな中で今回、筆者はHANABISHI(ハナビシ)を選んだ。ハナビシは1935年創業、完全国内縫製を行なっている老舗テーラー。圧倒的な技術と細かな気づかいが、歴史の中で培われており、安心してスーツをオーダーできるからだ。

 筆者がオーダーしたのは渋谷店。渋谷警察署の並びとなる絶好の立地にもかかわらず、店内は大人の静けさ、落ち着きがあり、カフェのような雰囲気でとても居心地がいい。

大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた 大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた

 とはいえ、初めてで緊張するなか、ハナビシ本社でPRマネージャーを勤める堂藤 賢二さんに今回、お付き合いいただいた。堂藤さんは店舗にも立たれるベテラン。初心者にもやさしくご説明いただけて、ありがたい。

大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた

 早速オーダーをしていこう。

 ハナビシでは、上下合わせて3万9000円(税別)からオーダーメイドを受付ている。まずは生地を選ぶ。筆者は今回、グレーもしくは紺系のカラーで、格子柄(ウインドペーン)、英国調トラッドスタイルと決めていた。なので、プライスゾーンの生地からイギリス製の格子柄を選んだ。

大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた 大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた

 オーダースーツとは別売だが、今回はシャツもオーダーしてみた。オーダーシャツは1着7000円(税別)からと、こちらも納得のプライス。それでいて、襟のカタチは21種類から、袖口のデザインも選べ、ポケットのカタチも好みに合わせられる。前立て(前ボタンを留める生地デザイン)や背中のダーツなど、細かな仕様に対応してくれる。

 今回は白地にうっすらと綾目の同色ストライプの入った生地に、オーソドックスな襟の仕様でシックに仕上げる予定。細かい仕様まではわからなかったので、堂藤さんのオススメを聞きながらオーダーをまとめていった。

大人ならスーツはオーダーして着よう!〜前編〜3万9000円で注文してみた

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ