人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.01

攻め続ける『あじわいぷっちょ』の新味は「食べるお茶」と「ワイン&焼きチーズ」!?

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

約4か月前に、UHA味覚糖から販売されている『ぷっちょ』の新シリーズ『あじわいぷっちょ』について書いた。

『ぷっちょ』といえばお菓子業界の保守派。味のラインナップは、コーラ、オレンジ、白桃などベタなものしかなかった。しかし、『あじわいぷっちょ』は違った。発表された味が『いか天』と『うめ塩こんぶ』の2種。攻めの姿勢にイチお菓子ファンとして喜ばしかった。食べてみると、味のバランスが良い。「変な菓子を食べたい人」と「美味しい菓子を食べたい人」の両人が満足する内容。ネットの評判も上々で、それなりの数は売れたと思う。

先日、コンビニで買い物をしていたところ、ある菓子に目がいった。

「おぉ、見なれたパッケージデザインだなぁ」

と手にして、気がつく。

「おぉ、これは!『あじわいぷっちょ』の新しいヤツではないか!」

そう、新作がしれっと店頭に並んでいたのだ。久々の再会である。こういった挑戦的なシリーズは、シーズン1のみで終わることも多いので、喜びもひとしお。また、味も変わらず攻めている。

今回、勝手に宣伝するのはもちろん『あじわいぷっちょ』の新味。『食べるお茶』と『ワイン&焼きチーズ』だ。

攻め続ける『あじわいぷっちょ』の新味は『食べるお茶』と『ワイン&焼きチーズ』!

『あじわいぷっちょ』は、パッケージのサイズからも趣が異なる。通常の『ぷっちょ』はチューインガムのように紙パッケージに包まれているが『あじわいぷっちょ』はビニールのパック。その手触りはザラザラだ。

このシリーズの根幹にあるのは“無垢”だ。パッケージの書かれる「あじわい」「食べるお茶」「ワイン&焼きチーズ」の表記は、どれも相田みつを的。イラストは、おばさんが描く絵手紙のようなタッチ。これは上記の手触りのザラザラ感も無垢を演出するためだろう。

パッケージから伝わる『あじわいぷっちょ』の無垢な世界観。

ただが菓子、されど菓子。パッケージは菓子の顔である。無自覚に作っている菓子も多いが『あじわいぷっちょ』は違う。結構なこだわりを持って作っている。そういうのは良い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ