人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.06.01

【開発秘話】前年比190%強の売り上げを達成した森永乳業『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』

■連載/ヒット商品開発秘話

 健康や美容のために、毎日ヨーグルトを食べる人も多いだろう。売場を見れば、機能性ヨーグルトをはじめ様々な商品が並んでいる。このような中、美味しさにこだわり開発し、消費者の支持を得ているのが、森永乳業の『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』(以下、パルテノ)だ。

 2011年9月に発売された『パルテノ』は、日本初のギリシャヨーグルト。ギリシャ伝統の「水切り製法」でつくられ、水分や乳清(ホエー)を除去してヨーグルト成分を3倍に濃縮したことにより、濃密な食感、滑らかな舌触り、クリーミーな味わいを実現した。その上、従来のヨーグルトよりタンパク質が3倍で、低カロリーでもある。

 ラインアップは現在7種類。〈はちみつ付〉〈ラズベリーソース付〉〈プレーン〉〈ブルーベリーソース入〉の4種類を通年販売し、〈キウイソース入〉〈ブラッドオレンジソース付〉〈Sweets カシスグラッセソース付〉の3種類を期間限定販売している。2015年度は前年度比で190%強の成長を遂げ、55億円の売上を達成した。

森永乳業『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ』
左から順に〈はちみつ付〉〈ラズベリーソース付〉〈ブラッドオレンジソース付〉〈Sweets(スイーツ)カシスグラッセソース付〉〈プレーン〉〈ブルーベリーソース入〉〈キウイソース入〉

■日本にはなかった味わいに活路を見出す

 開発がスタートしたのは2008年頃。当時は、フルーツヨーグルトに続くものとして脂肪ゼロタイプが登場したが、市場では次の展開が求められていた。こういう状況の中で同社は、まず個食タイプのフルーツヨーグルトに求められていることを探ることにした。そのためにユーザー調査を実施したところ、個食タイプのフルーツヨーグルトに対する不満を知る。『パルテノ』のブランド担当である杉内佐津希さん(第一営業本部リテール事業部マーケティング統括部DYマーケティンググループ アシスタントリーダー)は、明らかになった不満を次のように明かす。

「美味しいけど満たされる味わいではないことがわかりました。健康と美味しさの両方を求めている方は満たされているのですが、味を重視している方は満足しきれていなかったのです」

杉内さん
森永乳業
第一営業本部リテール事業部
マーケティング統括部
DYマーケティンググループ
アシスタントリーダー
杉内佐津希さん

 この課題を解決するカギを探すために、同社は海外で流行っているヨーグルトを調査。そうしたところ、アメリカでギリシャヨーグルトが流行っていることを知る。アメリカでは2004年のアテネオリンピックをきっかけにして、ギリシャヨーグルトが急成長を遂げていた。

 杉内さんによれば、当時の担当者がギリシャヨーグルトを食べてみたところ、あまりにも味わいが違うことにビックリしたという。食べた瞬間、通常のヨーグルトとは明らかに違う味わいがあり、当時の日本にはなかった濃縮された美味しさを感じた。「日本のヨーグルト市場が抱えていた嗜好性の欠如という課題を、ギリシャヨーグルトであれば解決し、味を重視している方たちのニーズを満たせるではないか、と判断しました」と杉内さんは話す。

■水切り法を独自に開発

 国内初のギリシャヨーグルトの開発を決めた同社がだが、つくるには、通常のヨーグルトづくりに水を切るという工程が加わる。しかし実は、水を切らなくてもタンパク質を添加すればつくることもできるという。バターや脱脂粉乳を添加すればよいのだが、「雑味や脂味が感じられ、お客様によっては苦手に思われるものでした。美味しさを追求していた当社が採用する製造方法ではありませんでした」と杉内さん。「水切り製法」を採用したのは、美味しさにこだわったためであった。

 ヨーグルトの水分を切る簡単な方法には、遠心分離がある。しかし、この方法だと脂肪分が飛んで美味しさが損なわれたり、舌触りもザラザラするなどの問題があった。美味しさにこだわる以上、遠心分離の採用も考えられず、独自に違う方法を編み出す必要に迫られた。

 ヨーグルトの水を切ることは、一見すると簡単そうな印象を受けるが、実際は非常にデリケートで難しいという。難しい選択をしたため試行錯誤を重ねることになったが、その甲斐もあり、同社は新たな水切り法を編み出す。詳細については明かしてもらえなかったが、時間をかけてゆっくり水を切るのが特徴とのこと。「イメージ的には、コーヒーを一滴ずつ抽出するような感じ」と杉内さんは言う。この方法により、すくったスプーンを逆さにしても落ちないほど濃密な食感と、滑らかな舌触りを実現した。

パルテノ“逆さスプーン”
逆さスプーン。ヨーグルトをスプーンですくったまま逆さにしても落ちないほどの濃密な食感を実現した

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ