人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.28

見た目は似てるが中身は完全な別物!?白黒つけます!パンダラーメン対決

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

今回取り上げるのはオークラインターナショナルの『パンダラーメン』と藤原製麺の『東京上野動物園ラーメン醤油』(販売:ノースユナイテッド)。

見た目は似てるが中身は別物?白黒つけます、パンダラーメン対決!

どちらもパンダの正面顔がキービジュアルだ。インスタント麺のパッケージには近年動物キャラのパッケージが多く登場し、熊・猫・キリン・シロクマ・ゾウ・ウサギなど数多存在する。なかにはカピバラやチンアナゴなんていうものすらある。しかしそれらは日清・マルちゃんといった全国区の商品にはほとんど存在せず、ほぼローカルメーカーが販売するご当地商品となっている。お土産売り場に置かれることが多いから目立たないといけないためだろう。

ではパンダたちをいただいてみよう。

◆オークラインターナショナルの『パンダラーメン』

見た目は似てるが中身は別物?白黒つけます、パンダラーメン対決!

こちらの商品は横浜中華街にある「横浜博覧館」にて購入した。ここ以外にも中華街にある複数の店で購入が可能だ。パッケージがパンダなのは、パンダが中国を象徴する動物だからだ。

見た目は似てるが中身は別物?白黒つけます、パンダラーメン対決!

なので中華街ではほかにもパンダラーメンが売っていたりする。こちらの箱入り商品はラーメンと称してはいるが中身は麺ではない。

見た目は似てるが中身は別物?白黒つけます、パンダラーメン対決!

中身は液体スープと麺。黒い麺が目を引く。

見た目は似てるが中身は別物?白黒つけます、パンダラーメン対決!

液体スープで作るつゆは、クリーム色寄りな白濁で、ほどよくこってり感がある豚骨だ。長方形断面でよくちぢれた麺は竹炭が練り込まれており、黒い。黒でもグレーがかった無彩色系の黒だ。炭のせいで焦げ臭いとか粉っぽいということはなく、食感も練り込み麺にありがちなボソボソ感はなく、シコシコとした食感になっている。スープの白と麺の黒がパンダの雰囲気をだしている。

調理例で、黒い麺をパンダの目として顔を作ろうとしたのだが失敗した。無念。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。