人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.23

週刊秘境酒場★心の底から感動!生麦で邂逅した立ち呑み『O』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団

週刊秘境酒場★心の底から感動する立ち呑みに邂逅。生麦『O』

心の底から感動する立ち呑みに邂逅。生麦『O』の評価

オヤジス度    ★★★
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★

 京急・花月園前の“角打ち”ならぬ勝手に“丸打ち”と命名した『A商店(仮名)』でスッカリいい気分になったオレとT氏、U氏の三人。当然、次の店はどこにするか? なんて話題になった途端、T氏がコソっと口を開いた。

「近くにもう一軒いい店があるらしいですよ」

 ほうほう? と興味深く聞くU氏とオレ。

「地元の呑み屋で知り合ったオジサンがいるんですけど…」

 我々3人もとっくにオジサンなので、そんなオジサンに“オジサン呼ばわり”される人は、当然のように若干オジイサンということになる。

「そのオジサン(オジイサン)は、安い呑み屋に関してはそうとう行きまくってるみたいなんですけど、前々から鶴見の方に安くていい店があるって言ってたんですよ。それが、花月園前の隣の駅の生麦にあるんだそうです」

 この情報で素晴らしいところは“安い呑み屋好きのオジサン(しつこいようだがオジイサン)がイイといってる店ならば、当然その店は安い”というところに集約されている。

「そりゃ安そうですね」

「うん、良さそうだ!」

 我々の中で“安い”と“イイ”は完全なまでの同義語である。アッという間にその店にいく話はまとまり、“安い=イイ”理論は、呑み屋だけにとどまらず移動方法までをも支配し、電車賃も勿体ないので歩いて行くことになった。

 京浜急行の線路と平行に走る道をツラツラ歩けば、10分もしない間に生麦駅周辺と思われる繁華街に到着した。

 しかしこの繁華街が、なにか普通の駅前の繁華街と様子が違うのだ。“街相”といいますか何かが違う。その違いは、すぐにわかった!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ