人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.25

望まない妊娠を防ぐために覚えておきたい愛犬の発情期

■連載/ペットゥモロー通信

発情期を知って回避できること

4-27

メス犬は、生後8か月頃に初めての発情期を迎え、だいたい2回発情期を迎えます。初めての発情期を迎えれば、だいたいの愛犬の発情期の時期が分かるようになりますが、一般的には春と秋が多いと言われています。

この頃になると陰部が腫れ出血をするので、陰部を普段より舐めている機会が増えたら、愛犬の発情期が近づいていると思っていいでしょう。

通常は7~10日間くらい出血の状態が続き、その後の前後5日間が発情期となりますが、この期間、注意しなければいけないのがオス犬の行動です。

オス犬は、かなり遠くにいても雌犬の臭いを嗅ぎ分けることができるため、メス犬を見つけると興奮状態になります。オス犬が一度興奮状態になると、脱走や突然メス犬に向かって走り出す可能性もあるので注意が必要です。

メス犬の発情期の期間は、犬の集まる場所に連れて行くことにより、トラブルが起きる可能性が高まるため、出来れば外出を控えたほうがいいでしょう。

文/大原絵理香(ペットゥモロー)
 

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ