人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.21

エレクトロラックスのセミプロ向け洗濯機と乾燥機『マイプロ』が日本上陸

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 エレクトロラックスから2016年6月上旬に発売予定のセミプロ向け洗濯機&乾燥機「myPRO(マイプロ)」の発表会が、二子玉川の蔦屋家電で開催された。

小規模事業者や除菌意識の高い家庭に向けた、セミプロ仕様の洗濯機&乾燥機「マイプロ」が日本でもデビュー

◆業務用と家庭用の間に位置付けられた「グレーエリア」向け新製品

 日本では掃除機のメーカーとしての認識が高いエレクトロラックスだが、同社の日本における販売構成では小物家電に分類される掃除機は43%で、あまり知られていないが42%と掃除機と同様の割合を占めるのが業務用ランドリーだ。世界で販売している同社の業務用ランドリーのうち8.4%を日本で販売している。

「日本では病院、老人ホームの施設に入っている業務用ランドリーの2台に1台は当社のもの。高温で洗濯するので感染対策、血液除去、汚物などに強いノウハウがある。プロ向けの厨房機器では、食品の衛生管理方式HACCPの認証を取っている世界で唯一のメーカーであり、家電業界では私たちの機械がISO標準機になっている。また、日本での郊外型の大きなコインランドリーは40年前にエレクトロラックスが始めたもので、業務用に関しては長い伝統を持っている。これらが今回の『マイプロ』のバックグランドになっている」(エレクトロラックス・ジャパン プロフェッショナル事業部 日本韓国地域代表・浅井 伸宏氏)

『マイプロ』は業務用ランドリーをダウンサイジングして作ったセミプロ市場向けの洗濯機。セミプロ市場は日本ではなじみがないが、現行の日本のランドリー市場は、インダストリー、リネン工場、クリーニング、ホテル、コインランドリー、病院、原子力発電所や消防署といった公共の場で使うヘヴィデューティー&プロフェッショナルマーケットと、家庭住宅向けのコンシューマーマーケットの間に、グレーエリアと呼ばれる、小規模病院や介護施設、ヘアサロン、ペットショップ、幼稚園や保育園といったスモールビジネスがある。洗濯機は家庭向けと業務向けは分けて製造されており、グレーエリアに対しての商品は日本では販売されていなかった。

小規模事業者や除菌意識の高い家庭に向けた、セミプロ仕様の洗濯機&乾燥機「マイプロ」が日本でもデビュー

 グレーエリアは外注するか、家庭用洗濯機で洗う、もしくは家に持ち帰り洗濯するのが現状で、衛生上配慮しなければならない業種は、高価な業務用ランドリーを使用している。1日3回ほど洗濯するグレーエリアは家庭より使う頻度が高いため、1日1回を想定して造られている家庭用洗濯機では寿命は3分の1になってしまう。除菌殺菌もできず、血液もあまり落ちないという不満もあり、そうした層をターゲットにしたのが今回の『マイプロ』だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。