人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.18

人間にあって犬にはない足の骨は?

■連載/ペットゥモロー通信

 

人間の仕組みと異なる足の仕組み

4-24

人間と犬の足は、足根骨・中足骨・し骨という同じ3つの骨から成り立っています。しかし、人間は股関節より肩関節の方が動かしやすいのに対し、犬は股関節の方が動かしやすいという特徴があり、人間と犬では足の働き方は異なります。

例えば、人間は土踏まずがバネの役割を担っているのですが、犬は爪先立ちをするので、足全体を地面につけて歩くという行動はしません。そのため、犬は土踏まずがなく扁平足なのです。また、人間と違い犬の足は全体がくの字に曲がっているので、足を高く上げることができます。オス犬が足をあげてオシッコしたり、頭を掻いたりできるのはこのためです。

そして、人間にあって犬にはない骨が鎖骨です。犬は人間のように手は自由に動かすことができませんが、後ろ足は自由に動かすことができるため、犬にとって足は重要な役割を担っているのです。

文/大原絵理香

配信サイト:「ペットゥモロー」
http://petomorrow.jp/
ペットとの生活をより楽しく、充実させるためのノウハウや情報をお届けするペット総合情報メディアです。

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。