人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.15

希望者は3人に1人、検討者は10人に1人!なぜ定年後の海外移住者は増え続けるのか?

近年、テレビや雑誌で「定年後に海外移住をする」という生活スタイルがたびたび紹介されている。外務省の「海外在留邦人数調査統計」によると、永住者・長期滞在者はともに右肩上がりで、2004年から2014年の10年間で34.2%、実に約33万人も増加。南国で静かな余生を送ることに憧れる人も少なくないと思われるが、しかし実際に行動に移すとなると、様々な懸念を持つ人も多いことだろう。

teinen_slowlife022

日本法規情報株式会社は、運営するサイト「国際離婚・国際男女トラブル相談サポート」「国際相続相談サポート」「弁護士事務所相談サポート」の運用情報や相談者へのアンケートを元にした、「海外移住に関する意識調査」を発表した。回答者は1054人(男性499人、女性555人)。

■海外移住に興味のある人は3人に1人に

定年後の海外移住に対する興味の有無を調べたところ、「とても興味がある」「やや興味がある」と答えた人が全体の36%、「あまり興味がない」と答えた人が28%、「全く興味はない」と答えた人が36%という結果になった。以前と比べて随分と海外旅行にも行きやすくなり、テレビなどで外国での生活がたびたび紹介されている中、海外移住に興味を持つ人が多いようだ。しかし、「いまは仕事があり、定年後の生活を具体的に思い描けない」といった理由や、「子供がまだ独立していない」などの理由で、海外移住に興味を持っていても実際に海外移住することを想定できない人も数多くいると思われる。

海外移住に関する意識調査

■「興味がある」人の中で検討を開始している人は35%で、全体でも10%に上る

次に、定年後の海外移住に「とても興味がある」「興味がある」と回答した人を対象に、海外移住を検討しているかどうかを聞いてみた。調査の結果、「既に移住している」と答えた人が1%、「具体的なプランを立てている」と答えた人が1%、「検討している」と答えた人が34%、「興味はあるがするつもりはない」と答えた人が64%という結果になった。先ほどの質問では、「興味がある」と答えた人は全体の3分の1以上に上ったが、その中でも具体的なプランを立てたり、実際に海外移住を検討するという人は35%となり、海外移住に対して具体的なアクションを起こしている人が多く見られる。

海外移住に関する意識調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。