人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.14

常識が変わる!?低予算で高性能イヤホンを買うならクラウドファンディング

 スマホでグッドサウンドを聴くため、いい音のするイヤホンを使いたい。でも、あまり値段が高いのはなぁ…と考えている人に朗報。NY発のクラウドファウンダーが日本国内で高性能のイヤホンをリリースする。

クラウドファンディングで低価格!高性能イヤホン購入の新常識

■NYの音楽マニアが作った“中音域が染みる”イヤホン

 クラウドファンディング時代の申し子ともいえるイヤホンが、「ADV.SOUND」がリリースした『M4(エムフォー)』だ。

クラウドファンディングで低価格!高性能イヤホン購入の新常識

 ADV.SOUNDはニューヨークに住む、3人が生み出した。上の写真左からマーケティング担当のアレックス、開発担当のペッペ、デザイン担当のピーターが2015年9月にアメリカのクラウドファンディングを利用し、資金調達を行ない生まれたブランドだ。

 三者三様の経歴、キャラクターを融合させて生まれたのが、この『M4』というイヤホン。特徴は中音域を強調し、ハイエンドイヤホンのように原音を忠実に再現すること。ジャズ、女性ボーカルの楽曲、ボーカルメインのR&Bなどに適したサウンドチューニングとされている。

クラウドファンディングで低価格!高性能イヤホン購入の新常識

■どうやって購入するの? なぜ低価格なの?

 いまどき、何万円もするハイエンド向けのイヤホンは多く存在する。しかし、ADV.SOUNDが求めたのは「ローコストでハイパフォーマンス」を実現するという矛盾。

 可能にしたのはやはり、クラウドファンディングがあってこそだろう。今回の日本リリースにあたっては、「Makuake」を利用する。『M4』は直販での予価が5980円だ。これでも十分に低価格なのだが、Makuakeを通して募集すると、先着30名までは3980円、そして先着100名まで4480円のサプライズなプライスが設定されている。

クラウドファンディングで低価格!高性能イヤホン購入の新常識

 今回のファンドの目標額は合計で40万円以上。なので、100個分程度の出資が見込まれたら成立だ。4月27日から約2か月ほどの募集期間となっているので、ほぼ、実現されるとみていいだろう。

 ファンドを利用することで、広告や流通コストを最小限に留めており、その分を開発費に回しよりよい商品を製作している。…これはユーザーにとってもメリットのある製作方法だといえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。