人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.05.20

アラフォービジネスマンにメチャ売れ!カシオ『G-SHOCK』人気復活の理由

 90年代後半、空前のブームとなった『G-SHOCK』が今、年間約800万個と、当時の最高売り上げ数600万個をゆうに超える販売数を誇っている。「前回のブームは、ストリートカルチャーとの親和性によって突発的に生まれたものでした。でも今回の続伸は、『G-SHOCK』の時計としての機能性の追求とプロモーションの2方向からアプローチした結果であり、定着するものと考えています」と言うのは、カシオ計算機で入社以来、時計部門を担当し、現在は国内、海外向けの販促プロモーションの指揮をとる上間卓さん。

 GPSなど、究極のハイスペック機能を搭載した高級ラインの認知度を高めることで、当時『G-SHOCK』に心酔したアラフォービジネスマンの呼び戻しに成功した。時計としての完成度と耐久性に加え、大人でもイケるそのルックスは見事の一言。ますますファンが増えそうだ。

■N字回復で売れ行き急増!

N字回復で売れ行き急増!
※『GーSHOCK』出荷台数

●GPSハイブリッド電波ソーラーを搭載

MTG-G1000D1AJF

MTG-G1000D1AJF

15年9月に発売された、GPSハイブリッド電波ソーラーを搭載したモデル。世界中で正しい時を刻むという、時計本来のクオリティーを極めるとともに、『G-SHOCK』ならではの高水準の耐久性をメタルで実現した。17万2800円。

〈ビジネスシーンでもキマる!〉
スーツにも似合う重厚感ある洗練されたデザインにメカ機能満載

スーツにも似合う重厚感ある洗練されたデザインにメカ機能満載!

独自開発した特殊技術によって、加工がしにくいメタルでの複雑なケースフォルムを実現。上質でスタイリッシュというフォーマルな印象を打ち出しながら、『G-SHOCK』ならではの重厚感と個性が味わえる逸品。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ