人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コンビニで購入されている生鮮食品TOP5

2016.05.09

コンビニエンスストアは生鮮食品を扱うようになったことで、その便利さがますます向上した。では実際、コンビニで生鮮食品を買っている人はどのような人たちなのか? また、コンビニで生鮮食品を買う理由は何か?

コンビニで購入されている生鮮食品は?

マイボイスコム株式会社は、2回目となる『コンビニでの生鮮食品の購入』に関するインターネット調査を実施。1万1048件の回答を集めた。主な調査結果は次のとおり。

■コンビニで購入する生鮮食品、購入頻度

回答者のなかでコンビニの利用者は85.5%。そのうち、コンビニで生鮮食品を購入する人は3割強、50代以上の女性では4割を超えた。購入する生鮮食品は、「牛乳」が最も多く、「カット野菜」「野菜類(カット野菜以外)」「卵」「くだもの」が続く。コンビニで生鮮食品を購入する人のうち、週1回以上の購入者は約25%、男性の20代・30代では4割前後となっている。

コンビニで購入されている生鮮食品は? コンビニで購入されている生鮮食品は?

■生鮮食品を購入するコンビニ

コンビニで生鮮食品を購入する人に、どの店舗で生鮮食品を購入するかを聞いたところ、全体では「セブン‐イレブン」が54.6%、「ローソン」が 32.6%、「ファミリーマート」が24.0%となった。北海道では「セイコーマート」、四国では「ローソン」が1位です。中部では「サークルKサ ンクス」も多い。

■コンビニで生鮮食品を購入する場面

コンビニで生鮮食品を購入する場面は、「スーパーなどで買い忘れた」(48.8%)が最も多く、次いで「近くの店舗で買いたい」(32.5%)、以下「コンビニで他のものを購入するついで」「少量だけ買いたい」が2割台で続いた。「スーパーなどで買い忘れた」は、女性が男性を15ポイント上回る。コンビニでの生鮮食品購入頻度が『週2~3回』『週4~5回』の層では、「近くの店舗で買いたい」が最も多くなっている。『月1回以下』の層では、「スーパーなどで買い忘れた」が6割弱で、他の層より比率が高くなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。