人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京・小平発『ブルーベリーカレー』に秘められたグッとくる話

2016.05.04

■連載/ヨシムラヒロムの風土フード 東京・小平発『ブルーベリーカレー』に秘められたグッとくる話

ここのコーナーで紹介していくのは地元民でも知らない可能性のある品々。新たな名産品を作るために、試行錯誤した結果できてしまったもの。そのなかには、都会に住んでいたら絶対思いつかないグルメも多い。地方住民の生活や文化から誕生した全く新しい名産品候補群だ。僕は、それを「風土フード」と呼ぶことにした。

今、東京で一番好きな場所と聞かれたら「東京交通会館」と答える。

東京交通会館とは、有楽町の駅前にある複合商業施設。戦後の立ち飲み屋、闇市、バラックが所狭しと並んでいた土地をクリーンにして1965年に開業した。当初は、東京の最先端を行くオシャレスポットだった(と想像される)。そのエッジも今では丸くなり、昭和の情景を残すレトロなビルという様相。

ココのお気に入りは何と云っても、アンテナショップの多さ。日本で一番だと思う。「北海道どさんこプラザ」、「浪花のええもんうまいもん大阪百貨店」など、12のショップがテナントとして入っている。夕張メロンソフトクリームやモダン焼きもイートインで食べれちゃう。だから「東京交通会館」は、風土とフードを愛する両者の聖地と云っても過言ではない。

日本で唯一の公設全国アンテナショップ「むらからまちから館」も店を構える。全国各地の珍しい名産品1300種類、全国中小蔵の地酒・焼酎が200種類が並ぶ風土フードのデパート。地方ごとにではなく、乳製品、菓子、乾物、冷凍食品とジャンルごとに陳列。コレが非常に助かる。例えば、飲料の棚を見るだけで、古今東西の名物ドリンクを見比べることができるワケ。

今回紹介する風土フードは、もちろん「むらからまちから館」で購入したもの。カレーコーナーで発見した。

前回、書いた山形の『さくらんぼカレー』に続くカレーシリーズ第2弾!

東京都小平市の風土フード『ブルーベリーカレー』だ。

東京小平市の「ブルーベリーカレー」に秘められたグッとくる話

東京の外れにある小平市は、日本のブルーベリー栽培発祥の地(!)。1968年に東京農工大学の岩垣教授が、アメリカから持って帰ったブルーベリーの木を植樹した。ちなみに、植えた場所は教え子の実家の農家である(個人的にグッときた話)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。