人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.30

衣替えをするきっかけ、女性は「天気」、男性は?

 すっかり初夏の陽気になってきた。ところで皆さんは「衣替え」はもう終えられただろうか?3月末までは全国的な冷え込みもあったが、4月に入って急に暖かくなり、そろそろ初夏へと季節は変わろうとしている。まだ「衣替え」をしていない人はこの連休中に、と思っている方もいるかもしれない。

調査会社のマクロミルが「衣替え」の実態調査を行なったところ、衣替えのきっかけは、女性が「天気」、男性が「気温」であることが明らかになった。時期としては「4月に」という声が最多となったが、約半数が「冬物をしまったのにまた寒くなって困った」経験があることがわかった。また、サンダルやミュールについては、4割の女性が履き始めの時期に悩んでいることが明らかに。古くから続く習慣なのに、今や4人に1人は衣替えしない時代になりつつある。

■衣替えのきっかけは男女間で違いが!女性は「天気」、男性は「気温」

 衣替えのきっかけを聞いたところ、最も多かったのは男女ともに「体感温度」(男性44%、女性48%)だったが、2位以下は男女間の違いが明らかになった。男性は2位「最高気温」22%、3位「月」19%と続くが、女性は2位「天気予報の情報」23%、3位「天気」20%。女性はその時々の状況を見て判断し、男性は一定の決まった基準で判断する傾向がありそうだ。

<図:春・夏の衣替えのきっかけ(ベース:全体/n=1220、男性/n=577、女性/n=643)>「衣替え」の実態調査

■衣替えの最多月は「4月」。しかし45%は「冬物をしまったのにまた寒くなって困った」経験アリ

 衣替えの実施月について聞いたところ、「冬物の服をしまう」のは「4月」が最多で47%、次いで「5月」で21%だった。一方、「春夏物の服を出す」のは4月が最多で42%、2位は「3月」で22%となっている。これまでに「衣替えで困ったこと」を聞いたところ、「冬物をしまったのに肌寒くなって、再び出すのが手間だった」と回答した人が最も多く45%に上りました。寒さのぶり返しに備え、冬物は長めに出しておく人が多いのかもしれない。

<図:衣替えを実施する月(ベース:衣替えを行う人/n=1087)>「衣替え」の実態調査

<春・夏の衣替えで困ったこと(ベース:全体/n=1220)>
「衣替え」の実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。