人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

着物姿の女性知事にキュン!山形のアンテナショップでみつけた『さくらんぼカレー』

2016.05.03

■連載/ヨシムラヒロムの風土フード 着物姿の女性知事にキュン!山形のアンテナショップでみつけた『さくらんぼカレー』

ここのコーナーで紹介していくのは地元民でも知らない可能性のある品々。新たな名産品を作るために、試行錯誤した結果できてしまったもの。そのなかには、都会に住んでいたら絶対思いつかないグルメも多い。地方住民の生活や文化から誕生した全く新しい名産品候補群だ。僕は、それを「風土フード」と呼ぶことにした。

この連載のために必要不可欠なこと。それは、日々のアンテナショップ巡りだ。1日かけて回り、名産品候補群「風土フード」を探す。東京には多くのアンテナショップが存在する。調べてみたところ47都道府県のうち43あることが分かった。都内で、全国の名物をほぼ購入可能ということになる。

ショップがない4県を書き出してみよう。

千葉県。近郊なので「買いに来てね」という姿勢なんだろう。たぶん。

岐阜県。飛騨ステーキはネットで買おう。

愛知県。味噌煮込みうどんやひつまぶしで人気の愛知がないことが意外。アンテナショップの代わりとして、コメダ珈琲店が増加中。

佐賀県。はなわの歌のイメージが強すぎて、なんだか納得してしまった。おっとりした県民性が覗く。

ほとんどのアンテナショップに足を運んだが、それぞれの力の入れ具合の差があり面白い。沖縄県の「銀座わしたショップ」は、店自体が首里城を模したカタチ。見た目から攻めるタイプ。石川県の「いしかわ百万石物語・江戸本店」は外装、内装、ショップの袋と全てが洗練されており高級セレクトショップのような雰囲気だ。

■山形のアンテナショップで出会った着物姿のマダム

そのなかでも個人的に一番グッときたのが山形県の「おいしい山形プラザ」である。店を訪れて、最初に目に入るのは着物姿のマダムのパネル。等身大かと思えるほどに大きい。「山形出身の女優さんかなぁ」と思い、顔を見る。何度も見ても知らない顔。少し後ずさりし、パネルの全体を見ると左下に小さく「山形県知事 吉村美栄子」と書いてある。

着物姿の女性知事にキュン、山形のアンテナショップでみつけた「さくらんぼカレー」

2回驚いた!

この完璧にドレスアップされた妙齢のマダムは山形県知事!

山形県知事と僕の名字が同じ!

「なんか、すげぇな、なんか」と唾を飲み込んだ。

今まで色々なアンテナショップを渡り歩いたが、ドレスアップされた県知事の写真がパネルで飾ってあるのは「おいしい山形プラザ」のみ。次の瞬間には「なんで飾ってあるんだ?」と疑問が湧き上がった。

ならば確かめてみようと、山形県庁に電話をしてみる。

担当者を呼んで聞いてみると「理由は2つあるんです・・・」と話してくれた。

1.店が奥まった位置にあるためパネルを置く必要があった。

2.全国に女性知事は、山形と北海道の2人しかいない。

ならば、その特性を生かし知事自らがPRするのが良いと案が出た。

そのような経緯で山形県知事・吉村美栄子氏のパネルは誕生した。稲刈りスタイルの吉村知事、さくらんぼの帽子を被った吉村知事、と色々なバージョンの写真もあるそうで。こういったプロモーション活動は好評らしい。

そんなユニークな「おいしい山形プラザ」で購入したのが、今回紹介したい風土フード。『さくらんぼカレー』である。

着物姿の女性知事にキュン、山形のアンテナショップでみつけた「さくらんぼカレー」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。