人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.27

日本酒ブームは本物か?20代女性の4割が「今後飲んでみたい」

日本酒ブームと言われている昨今。ブームは衰える気配がないどころか、まだ継続しそうな様子である。株式会社クロス・マーケティングは、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「飲酒・日本酒に関する調査」を実施した。その結果、日本酒の飲用率は全体の約6割、などといったことがわかった。

飲酒・日本酒に関する調査

■男女別に見た最も好きなお酒は?

男性が39.4%、女性が27.2%でそれぞれ「ビール」がトップ。2位以下は、男性は「焼酎」(11.2%)、「日本酒」(9.8%)で、女性は「ワイン」(17.2%)、「サワー、酎ハイ」(13.4%)となり、好みが分かれる結果になった。

飲酒・日本酒に関する調査

■日本酒の好意度は?

「日本酒は好き」が49.9%で最も高く、全体のほぼ半数が日本酒好きと判明。次いで、「どちらでもない」が25.3%、「日本酒は好きではない」が24.8%となった。また、「日本酒は好き」と回答した人を性別と年代別に見ると、性別では男性が70.0%、女性が52.0%となり、年代別では男女ともに60代最も多いことがわかった。年代別の2位は、男性は50代で64.0%、女性は20代で47.0%となった。

飲酒・日本酒に関する調査

■日本酒の飲用率は?

「日本酒を飲む」が56.8%、「日本酒は飲まない」が43.2%となり、やや日本酒飲用者の方が多い。「日本酒は飲まない」と回答した人のうち、今後の飲用意向の有無では、「飲んでみたいと思わない」が40.3%でもっとも高く、「どちらとも言えない」が36.1%、「飲んでみたいと思う」は23.6%となった。「飲んでみたいと思う」と回答した人を性別と年代別でみると、20代女性の「飲んでみたいと思う」割合が40.4%と高く、若い女性が日本酒に興味を持っていることがうかがえる。

日本には数え切れないほどの日本酒があり、どれも個性豊かな味わいをしている。だんだん暖かくなってくるので、これからは冷酒が美味しい。今宵はお気に入りの銘柄、あるいは気になる銘柄で一杯いかがだろうか?

飲酒・日本酒に関する調査

【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域:一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)
調査対象:20~69歳の男女、普段飲酒をする人
調査期間:2016年3月19日(土)〜3月21日(月)
有効回答数:1000サンプル

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。