人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

CMで何かと話題になった日清『カップヌードルリッチ』の上質すぎる中身

2016.04.26

 そもそも視聴者は昔からCMの内容にいちゃもんをつけていたものだ。ただ、今と違ってクレームをつけるためのハードルが高かったのだ。手紙を書いて切手を貼って投かんしたり、電話をかけるために電話番号を調べるのも一苦労であったから、テレビに向かっていちゃもんをつけるのがせいぜいであった。

 だから昔はかなり挑戦的なCMでも苦情が殺到して放送中止などということはほとんどなかった。今は視聴者の気分がストレートにメーカーや制作者に届いてしまうせいで過剰に反応してしまうようになってしまった。

 大型シリーズものCM第1弾がいきなり放送中止となったのは、キリンビールの「ラ党の人々。」(1990)を思い出す。これはクレームではなくて、メインの勝新太郎が有名な「パンツ事件」を起こしたためだ。

ラ党の人々。

 OBAKA's UNIVERSITYのコピー「いまだ!バカやろう!」は「馬鹿野郎」ではなくて「莫迦なことを真剣にやってやろう」というメッセージだ。なので、逆風を前向きに受け止めて「バカやろう!」で突き進むのがいいのではないか。このシリーズCMでは4月11日に新発売されたカップヌードル発売45周年を記念商品のカップヌードルリッチも宣伝する予定だったと思われる。

カップヌードルリッチ

 4月12日付の新聞全面広告ではTVCMと同じ銅像姿のビートたけしが「カップヌードルよりうまいじゃねえか。バカやろう!」と言ってカップヌードルリッチのPRをしている。だとするとリッチのCMがどんなものだったのか見てみたいところだ。年間に1000種類以上は登場するインスタント麺の新商品のうち、TCCMや新聞全面広告を打ってもらえるものはほんのひと握りだ。つまりカップヌードルリッチは期待の大型新人なのだ。

 では期待の新作を実際に食べてみよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。