人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.25

スマホショッピングを積極利用する20代女性、フリマアプリの利用率は2割超

2015年最も利用が伸びたフリマアプリ、20代女性の利用率が3倍に

目まぐるしく変化するモバイルやソーシャルメディア。昨年からもさまざまな動きがあったが、果たしてどれくらい覚えているであろうか。株式会社ジャストシステムは同社が運営する、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、全国の15歳から69歳の男女1100名を対象に『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査』を、2012年7月から毎月1回実施している。このほど、2015年1月から 12月までの調査データをまとめて分析し直し、その内容を『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査~2015年度総集編 【トレンドトピック版】』 として発表した。2015年の主なトピックスとその分析は、以下のとおり。

■20代女性のスマホショッピング利用率が3割に

ネットショッピングする際に利用する機器として最も多くの人が挙げたのは「PC(デスクトップ、ノート)」。その利用率は90.0%(2014年6月度調査)から86.3%(2015年6月度調査)へと減少したが、「スマートフォン」(9.8%)や「タブレット型PC」(2.9%)に比べて依然として高い。

ただし、年代別で見ると若年層ほどネットショッピングに「スマートフォン」を利用する人が多く、「スマートフォンの」利用率は20代女性の場合では21.1%(2014年6月度調査)から30.3%(2015年6月度調査)に増加している。

■「Web接客」は3人に1人が認知。利用は1割満たず

Webサービスを利用する際、問い合わせフォームやメールで商品について問い合わせるのではなく、「チャット」などを利用してオンライン上でリアルタイム に商品の問い合わせができる「Web接客」を認知(※)している人は29.1%。ただし、利用経験がある人はまだ7.6%と、1割に達しなかった(2015年11月度調査)。

※認知率は「利用したことがある」「見たことはあるが利用したことはない」「知っているが見たことはない」の合計。

■Amazonの「当日配送サービス」は認知率60%、利用率15%超に

ネットショッピングやコンビニエンスストアなどで注文した商品を当日あるいは数時間で配達してくれる「当日自宅配達サービス」で最も認知率(※)が高かったのは 、Amazonの「当日お急ぎ便」(60.8%)であった。また、利用率についても他サービスは1割に満たないのに対し、Amazonの「当日お急ぎ 便」は15.7%と最も高いという結果になった(2015年12月度調査)。

※認知率は「利用したことがある」「知っているが利用したことはない」の合計。

■20代女性のフリマアプリ利用率が6.8%(2014年4月)から、22.0%(2015年3月)に増加

フリマアプリの利用率が、2014年から2015年にかけて大幅に伸びた。特に20代女性の利用増が顕著で、6.8%(2014年4月度調査)だった利用率は、22.0%(2015年3月度調査)と3倍以上伸張している。また、20代女性は「minne(ミンネ)」をはじめとした「ハンドメイドアプリ」の利用率も高く、12.0%の人が利用していることがわかりました(2015年3月度調査)。

20代女性のフリマアプリ利用率が6.8%(2014年4月)から、22.0%(2015年3月)に増加

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。