みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >エンタメ
  3. >たまの跡を継いだ、わかやま電鉄貴志…

たまの跡を継いだ、わかやま電鉄貴志駅の新駅長ニタマに会ってきた!(2016.04.24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ペットゥモロー通信

PETomorrow(ペットゥモロー)】

b1

和歌山駅からわかやま電鉄貴志川線に乗り、揺られること約30分で終着駅に到着する。その終着駅とは、あの廃線寸前のローカル駅を救った「たま駅長」がいることで知られる和歌山県紀の川市にある貴志駅だ。

IMG_0493

「たま駅長」は、惜しまれながらも昨年6月末に16歳で永眠。和歌山電鐵を救ったその偉業を讃え「社長代理・ウルトラ駅長たまちゃん」として社葬が行なわれたのだが、そんな「たま駅長」、なんと現在は貴志駅に鎮座する「たま神社」の神様になっているのだ(県観光招き大明神、和歌山電鐵と地方公共交通の守り神)。

そして、駅長の座はたま2世駅長「ニタマ」に引き継がれており、現在の貴志駅に足を運ぶと生の「ニタマ」に出会えることができる。

【ニタマ駅長任命式 動画】

https://youtu.be/HP99asfTr30?list=PL07F149D4B851EAEA

b4

さすが「たま駅長」で一躍有名になった駅。駅舎の中に入ると多くの観光客が訪れていた。それにしても平日だというのにすごい人数。なかでもアジア系外国人観光客の姿が目立っていた。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。