人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビールも見た目で選ぶ! “ジャケ飲み”インプレッション

2016.04.22

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~ ビールも見た目で選ぶ! “ジャケ飲み”インプレッション

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 昔々ある所におじいさんとおばあさんが住んでいた頃のお話じゃ。それは白亜紀ジュラ紀カンブリア紀の次あたりのアナログ紀まだCDが発売される前だったそうな。

 その頃、音楽はLPという、黒い円盤に入っておった。当時は、そのLPのジャケットを見て好きなものなら中身を試聴などせず(当初はできない店が普通)買うものも多かったそうな。これはいつしか「ジャケ買い」と呼ばれ始めたのじゃ。そしてな、パッと見のインスピレーションで買ったら音楽も好みど真ん中だった時の喜びは格別だったとか。めでたしめでたし……。

 という日本昔ばなし的講釈を、ベルギービールパブでよく垂れている。ベルギービールのボトルデザインのかっこよさは秀逸なので、まず説明文なんか読まずに、<見た目で飲め!>と初心者に言っている。僕が昔から提唱する<ジャケ飲み>というやつだ。

 そしてこれ、パブじゃなく、酒屋、お酒売り場などでも同じように考えられる。もちろんベルギービールじゃなくても同じ。それも、必ずしも<かっこいい><デザインが好き>とかに限らず、<ネーミングが面白いね>とか<とにかく目立つ!>とか<ダサイいのがかえって気になる(笑)>とかなんでもいいから、自分にひっかかったら買ってみる。そして、自分にはフィットしないなと思ったら<次は買わなくていいビール>に仕分ければいいし、ハマったら当然<また飲むビール>にイン!

 ということで、この連載を始めて3か月弱で僕がジャケ飲みした5種インプレッションを、ジャケについてもひと言添えて。今回は、クラフト系だけに絞った。ベルギービールや外国ビールは膨大になっていくのでまたおいおいとする。

 うちの近所に、小さいながらどんなお酒にも目が利いてというか舌が利いて、ビール以外にどんなお酒のも、酒好き心をくすぐる品揃えの店がある。そこに行って気になるものがあるとジャケ買いである。

 ではさらっと5種のクラフト、いってみます。

常陸ネスト エキストラハイ

常陸ネスト エキストラハイ(木内酒造 度数8% 330ml)

大人感たっぷり、黒と金のジャケに惹かれて。まず感じるカラメルの甘味とコク、 さらにホップがズシっと腹に来るイメージで、胃に染み渡るぜいたくな濃い口。舌に、いい感じでまとわりつく苦味も。アロマもすごくて、花のようなハチミツのような。フルボディなのにクリアな印象が潤いを感じさえる。飲み干したくない、と思わせるほど秀逸な逸品。昔の銀幕スターのようなきらびやかさがある。石黒的に大絶賛!

ホップ香るビール

ホップ香るビール(金しゃち 度数5% 330ml)

ジャケデザインはクラフト系の課題あるある(笑)でイマイチだけど、ケレン味ないネーミングで購入。ファーストインプレッションは、あと口がドライ! さらに苦味が舌に残りいい感じ。やや白濁で、泡持ちは良くない。度数よりストロングな印象で、ゴールデンエールというもののややIPA寄りでもある。華やかさがあるあたりは、ベルギービールならデュベルが近い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。