人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.21

女性活躍推進法、働く主婦の9割が「知らない」、6割が「期待せず」

4月から女性活躍推進法が全面施行された。10年の時限立法だが、働く主婦はこの法律をどう捉えているのであろうか?主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル)の調査機関しゅふJOB総研は、「女性活躍推進法」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査を実施した。その結果、女性活躍推進法について「知らない」という意見が大多数を占め、まだまだ認知努力が求められることがわかった。しかしながら、女性活躍推進法によってどのような変化が起きると思うかについては、「女性の働きやすい求人が増える」「女性の働きやすい企業が増える」など、働きやすい環境の実現を期待する声も聞かれた。

Q:今年4月から女性活躍推進法が施行されます。女性活躍推進法についてどの程度ご存知ですか?(単一回答)

「全くしらない」「あまり知らない」を合わせて、88%が女性活躍推進法を「知らない」と回答した。

「女性活躍推進法」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査

Q:女性活躍推進法によって女性がより活躍できる社会になることに、あなたはどれくらい期待していますか?(単一回答)

「全く期待していない」「あまり期待していない」を合わせて、63%が女性活躍推進法に「期待していない」と回答した。

「女性活躍推進法」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査

Q:女性活躍推進法によって、どのような変化が起きると思いますか。(複数回答可)

最も多かった回答が「法律ができただけでは何も変わらない」(54%)。冷めた見方をしていることが窺い知れる。しかし、これに続くのが、「働く女性の数が増える」(28%)「女性が働きやすい企業が増える」(27%)「女性が働きやすい求人が増える」(同)。冷めた見方をする人が多い一方で、法律への期待が高い人も多いことがわかった。期待の高さは「働く女性に対する社会の理解が深まる」(20%)「女性の管理職が増える」(18%)といった回答が多いことにも表れている。

「女性活躍推進法」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査 「女性活躍推進法」をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査

期待する声があるものの、働く主婦層は今のところ、大半が法律を冷ややかに受け止めている。こういう結果になったのは、知られていないことが最大の理由で、まずは周知することが先決。そして、成果をあげるためのアクションを次から次へと展開していくべきであろう。

【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:344名
調査実施日:2016年2月8日(月)から2016年2月22日(月)まで
調査対象者:求人媒体『しゅふJOBサーチ』登録者

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。