みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >連載
  3. >【35歳からの靴選び】KIDS LOVE GAIT…

【35歳からの靴選び】KIDS LOVE GAITEとThe Old Curiosity Shopのコラボで生まれた『HOG TOE SHOES』(2016.04.21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本さん:ジョン・ムーアのシューズは今でもThe Old Curiosity Shopが引き継いで作っているんですけど、この『HOG TOE SHOES』はハンドメイドのラインなんです。僕が修業時代に作っていた靴でもあって、とても思い入れがあるものでした。それで、KIDS LOVE GAITEとThe Old Curiosity Shopのコラボレーションとして、『HOG TOE SHOES』をやろうという話が持ち上がったという流れですね。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』

 イギリスから『HOG TOE SHOES』の木型が届いたときは、やはり感慨深いものがあったそうだ。

山本さん:以前、オマージュ的なデザインのシューズを作ったことはあるんですけど、同じ木型を使って、The Old Curiosity Shopとのコラボレーションでとなるとやっぱりぐっとくるものはありましたね。木村大太氏と話をしながら、素材を選んで、KIDS LOVE GAITEらしいアレンジを加えて。あくまでもイメージを壊さないように、リブートというかたちでやらせてもらいました。クオリティも納得のいくものに仕上がりましたね。

 ジョン・ムーアの作ったこの靴がなかったら、シューズデザイナーにはなってなかった気がしますし、木村大太氏と出会っていなければ、今の僕はないと思うんです。そういう意味で、『HOG TOE SHOES』を作れたというのは、僕の中でとても大きいことなんですよね。The Old Curiosity Shopで働いていたころの自分に教えてあげたいぐらい(笑)。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』

 ジョン・ムーアの影響を受けた世代から反応があったのはもちろんのこと、ジョン・ムーア自体を知らなかったという世代のバイヤーにも受けたことが山本さんは嬉しいそう。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』

山本さん:若いバイヤーさんが単純にカッコいいって興味を持ってくれたのが、凄く嬉しかったですね。ジョン・ムーアの再発見というか、若い世代がジョン・ムーアの靴を知ったり、その頃のカルチャーに興味を持ってくれるきっかけに自分がなれたらいいなと思ってます。

■問い合わせ先
Style(スタイル)03-6416-9061

取材・文/神津文人(こうづ・ふみひと)
フリーランスの編集者・ライター。スニーカー、フィットネス関連の仕事が多め。青学競争部の原晋監督と中野ジェームズ修一氏の共著『青トレ』(徳間書店刊)の編集に携わる。祝・箱根駅伝2連覇!

<< 1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。