人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.30

【35歳からの靴選び】KIDS LOVE GAITEとThe Old Curiosity Shopのコラボで生まれた『HOG TOE SHOES』

■連載/35歳から履く大人の靴選び【35歳からの靴選び】KIDS LOVE GAITEとThe Old Curiosity Shopのコラボで生まれた『HOG TOE SHOES』

 大人に似合うシューズとは一体どんなものなのかを探る連載企画「35歳から履く、大人のシューズ」。シューズ業界の最前線で活躍するクリエイターの方たちに、現在のお気に入りとおすすめのシューズを紹介していただく。今回登場するのは、シューズデザイナーの山本真太郎(やまもと・しんたろう)さん。

 2008年にスタートした、KIDS LOVE GAITE(キッズ ラブ ゲイト)は、アバンギャルドなデザインと、日本のファクトリーによる確かなクオリティで人気を獲得。TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)のコレクションショウのフットウェアを担当するなどクリエイターからの評価も高い。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』

 15歳で渡英し、イギリスで靴作りを学んだ山本さんがお気に入りとして挙げたのは、KIDS LOVE GAITEとThe Old Curiosity Shop(ザ オールド キュリオシティ ショップ)のコラボレーションによる『HOG TOE SHOES(ホグ トウ シューズ)』。1980年代に活躍したシューズデザイナーのジョン・ムーア氏がデザインしたシューズがベースになっているのだが、山本さんがこのシューズを作ることになったのにはもちろん背景がある。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』
HOG TOE SHOES
6万8000円(税別)

山本さん:僕がイギリスに行ったのは元々シューズデザイナーを目指していたというわけではなく、高校への進学のためでした。結局高校は途中で辞めてしまうんですが、House of beauty and culture(ハウス オブ ビューティ アンド カルチャー)というジョン・ムーア、クリストファー・ネメス、ジュディ・ブレイムらが作ったショップを知って、そのカルチャーにハマっていったんです。

 ジョン・ムーアは既に亡くなっていたんですが、イアン・リードと僕の師匠でもある木村大太がジョン・ムーアのブランドを引き継いでいて、The Old Curiosity Shopというお店を作ったんですね。で、僕は木村大太氏にお店の内装の手伝いを頼まれたのをきっかけに、そこで働きながら修行することになったんです。

 山本さんは、The Old Curiosity Shopで5年ほどアシスタントとして働いた後、2000年に帰国。浅草の靴工場で企画営業担当などを経て、2008年にKIDS LOVE GAITEをスタート。数シーズン前から、自身の師匠、木村大太氏が手掛けているショップであり、修業時代を過ごした場所であるThe Old Curiosity Shopとのコラボレーションが始まった。その流れの中に、この『HOG TOE SHOES』がある。

【35歳からの靴選び】『ホグ トウ シューズ』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ