人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.18

ふるさと納税の「返礼品」の人気ランキングTOP3

株式会社リクルートライフスタイルに設置された「食」に関する調査・研究機関「ホットペッパー グルメ リサーチセンター」は、「ふるさと納税」の認知・利用状況や返礼品の内容、利用動機などに関する実態についてのアンケートを実施した。

1.2015年の利用率は平均10.3%。男性30・40代で高く、女性20代で低い

自治体に2000円以上の寄付をすることで所得税と住民税の控除を受けられ、かつ、自治体から返礼品がある「ふるさと納税」。返礼品は食品が多いことから、「ホットペッパー グルメ リサーチセンター」では寄付の実態や人気の返礼品、食生活への影響などについて、アンケートを行なった。

全体では2015年にこの制度を利用したのは10.3%であった。性年代別でみると、男性30代(13.0%)・40代(12.5%)で高い利用率、逆に女性20代(6.0%)では低い利用率であった。制度自体について、「名前は聞いたことがあるが、内容は知らない」「全く知らない」の合計は男女の20代で共に3割を超えており、若い世代へは制度の認知向上の余地がありそうだ。

ふるさと納税に関する調査

2.年間の利用金額は平均で6万9450円 。男性50代と女性40代は平均10万円超

利用者に年間の利用金額を聞いたところ、全体では平均6万9450円だった。性年代別では、男性50代(平均12万2169円)と女性40代(平均10万2648円)で10万円を超えた。男性20代(平均3万7624円)や男性60代(平均4万582円)などはやや低い利用金額。圏域別では、首都圏(平均7万3814円)が他の圏域に比べ、やや高い利用金額となった。

ふるさと納税に関する調査

3.年間の利用回数平均4.2回。1回あたり平均1万6000円台と推計される

前ページの平均利用金額に対して、利用回数は平均で4.2回。すなわち、1回あたりの自治体への寄付額は平均しておおよそ1万6000円台と推計される。性年代別の傾向は利用金額に比例しており、金額の多い性年代では回数もそれなりに多いという結果を示している。

ふるさと納税に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。