人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

よい企画はすべて“引き算”で作られている!

2016.04.18

■良い企画はすべて、引き算で作られている

世の中の商品には、上手く引き算をしているものがたくさんあります。有名な製品の例では、主に高齢者など向けに必要な機能だけをわかりやすくした『かんたんケータイ』や、テキストのメモだけに特化したキングジムの『ポメラ』などがあります。いずれも、本当に必要なことだけを素早く簡単にできるような製品仕様が受け入れられた例です。これらはわかりやすい「引き算企画」です。

それだけでなく、実は良い企画はすべて、最終的に引き算で作られています。特に、消費者に対する伝え方を、引き算で作っていくことが非常に重要です。例えばトレーニングジム『ライザップ』もその一例です。見せ方はとてもシンプルで、「この条件でこれを得られます!」と、ズバリ伝えています。実際に受けられるサービス内容を詳しく聞くと、様々な要素がありますが、説明をそぎ落とし、たった1つを伝えるだけで大勢の関心を引き、あとは調べれば調べるほど、利点がたくさんあることが分かるサービスになっています。1つが伝わったからこそ、その先も自然に伝わっていくのです。

今回のボツネタ『テキ時ー計』は、大事な機能を削り、そのせいで何も伝わらないものになっています。商品をより使いやすく、より伝わるものにするために引き算をするのです。そのためには、引き算を始める前の土台作りをしっかりと行います。削っても「核」が残る土台を作るのです。忙しさに追われずに幸せに生活できる時計を作りたいと思ったら、まずはそのテーマに添って、彫る前の土台を作るようにアイデアを盛っていきます。

忙しさに追われないためには…..?

・より集中できるように、ワンタッチで5分仮眠ができる、仮眠専用目覚まし時計?
・待ち合わせで相手が遅れた時に、スキマ時間で仕事や勉強ができる時計?
・残業がなくなるように的確な時間管理や通知をしてくれる時計?
・集中できる音楽とタイマー機能で仕事がはかどる時計?
・仕事を手伝ってくれる、ロボット時計?
・どんな機能、デザイン?…...etc.

などなど、キーワードに沿ってアイデアを出し尽くし、売れる企画にするための「核」は何なのかを見極めていきます。最終的には、最も重要な1つのことを実現し、鮮烈に伝えられるように、捨てるものを捨てて企画は完成します。引き算をすることを勿体無いと思わず、完成品に彫る所が残っていないかを突き詰めるという企画の作り方をしてみてください。

■今回のまとめ

・企画は、アイデアの足し算でつくった土台を、引き算で彫っていくことで完成させる。
・特に企画の伝え方に関しては、すべてを伝えなければならないと考えず、1つが伝わることですべてが伝わっていくものであると心得る。

アイデアの足し算・引き算を失敗した『テキ時ー計』

文・イラスト/高橋晋平

たかはし・しんぺい。株式会社ウサギ代表取締役。おもちゃ開発者。2004年より大手玩具メーカーに10年間勤務し、国内外累計335万個が販売され第1回おもちゃ大賞を受賞した「∞プチプチ」など、数多くのヒットアイデア玩具の企画開発に携わる。現在は様々なチームとアイデア商品を共創する「アイデア・コークリエイター」として、「本能的欲求」「UXデザイン」「笑いと遊び」を追求した新商品・ビジネス開発を行なっている。また執筆活動、講師業など全国で幅広く活躍中。2016年には米を育てるカードゲーム『らいすふぃーるど』を発売、ゲームデザイナーとしても活動。著書に『アイデアが枯れない頭のつくり方』(CCCメディアハウス)など3冊。2013年TED×Tokyoに登壇し、スピーチがTED.comにて世界に発信された。http://ameblo.jp/simpeiidea/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。