人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.18

ちょっと席を外した隙にMacの情報を盗まれないためのアプリ「Near Lock」

■連載/小口 覺のスマートフォンハックス

ちょっと席を外した隙にMacの情報を盗まれないためのアプリ

 情報漏洩の約8割は内部犯行だと言われる。外部からのハッキングよりも、社内など近くの人間による盗難や流出が多いというのだ。

 身近な人にパソコンを触られ、情報が盗まれるとすぐには気づかない。犯人は特定されにくく、最悪パソコンの持ち主に流出の嫌疑がかけられてしまう。「自分は機密情報を扱っていないから問題ない」と思うのも間違いで、恋愛関係などプライベートがらみの情報の盗み見や盗難も少なくない。オフィスなど自分以外の人がいる場所でパソコンを使う場合は、何らかの対策をしておくべきだろう。

 基本は、席を離れるときにロックをかけることだが、ロック解除のパスワードを盗み見られてしまえば意味がない。とはいえ、周囲を気にしながらロック解除するのも疲れてしまう。

 パスワードの盗み見に対して有効なのは、指紋などの生体認証だ。WindowsのノートPCには指紋認証機能を備えたマシンもある。MacBookシリーズには指紋認証機能が搭載されていないが、便利なアプリがある。ユーザーがマシンから離れると自動的にロックをかけ、近づくとアンロックされる「Near Lock」だ。

 MacBookシリーズのユーザーであれば、iPhoneを使っている人が多いと思われるが、「Near Lock」は、MacとiPhoneの両方にインストールして使用する。Bluetoothでペアリングし、MacからiPhoneを一定以上離すと、自動でMacがロックされる仕組みだ。アンロックはiPhoneを近づけるだけなので、パスワードの盗み見も防げる。

 さらに、内部課金でPRO版(通常400円)を購入するとアプリがバックグラウンドで動作するので、アプリの起動を意識することなくロックとアンロックがおこなわれる。

 常にiPhoneを肌身離さない人であれば、オフィスや家庭内での盗み見がほぼ確実に防止できるだろう。逆に、iPhoneをいつも机に置きっぱなしだと効果は限りなく薄い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。