人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男性が勘違いしがちな“男らしさ”あれこれ

2016.04.13

■連載/おおしまりえの女ゴコロ研究所

「男らしさ」って、素敵な言葉ですよね。でも、よくよく考えてみると、男らしさの正体って、一体、何でしょうか? クルマの運転が上手なことでしょうか? レストランに入退店する時のエスコートがスムーズなことでしょうか? それとも、スマートに奢ってくれるということでしょうか? 結局、お金の問題なのでしょうか!?

「男らしさ」と言っても、考え方は人それぞれ違うものです。ただその中でも、今回は女性から見て「その男らしさはどう見ても勘違いでしょ!」という話を紹介したいと思います。

■愚痴は言わないが独りで抱え込もうとする男性

 男性の中には、人前で愚痴ることを恥ずかしいと思う人がいます。その心持ちは素晴らしいと思いますが、中には迷惑な“愚痴溜め”をする人もいるようです。

「会社の後輩は、愚痴を言わないようにするかわりに、仕事を独りで抱え込んでためてしまうんです」

 こう話してくれたのは、34歳・営業職の女性。どういうことか聞いていくと、彼は愚痴と相談、そして、ヘルプの区別がついていないようです。

「周りが『大丈夫?』と聞いても『大丈夫です!』と返してくるので、なかなか手助けしにくい。でも、いざフタを開けると仕事がまったく回っておらず、ヤバい状態! 手遅れ寸前で周りが助けるという場面が、ここ数年で何回かありました。“男だから愚痴っちゃいけない”と、妙に強いこだわりがあるようですが、それもやり方次第だなと思いますね」(34歳・営業職)

 愚痴ばかりこぼす男性は、それはそれでウザい存在です。しかし、身近な人とコミュニケーションをしっかりとらないこと自体、もっと問題ですね。

■「ヒーロー=強い=男らしい!」という男性

 働き盛りの男性の多くは、ヒーローが大好き…なのでしょうか。『ジャンプ』という強い漢がわんさか載っているマンガを愛読し、そんな漢に憧れる道を歩いて、今に至っているからでしょうか。女性陣から言わせると、そんな男らしさ、全く不要です。いや、いざという時、頼れるかもしれないので多少はタフさも必要かもしれませんが。

 しかし、ヒーローのように腕っ節が強くて、ガタイがよくて、熱い漢。仲間を大切にし、革ジャンを着こなし、バイクやスポーツカーで颯爽と現われる漢。そんなの、女性からみれば、魅力を感じる要素とは言えません。

「男性って、時々、暑苦しいとカッコいいを混同させている人がいますよね。この前、 ワンピース大好き男子に出会いましたが、ルフィーの仲間を大切にするところが男らしくて大好きだと熱く語っていました。ワンピースは面白いけれど、そんなに熱弁する意味がわからない。そこに男らしさを感じるのも違う。冷めますよね」(30歳・通信関連)

 ヒーローは確かに強くてカッコいいもの。男性が自分の理想とする要素を詰め込んでいるということでしょうか。逆をいえば、女性が憧れる女性像も、男性にとって、イコールいい女ということではありません。ここは、男女間で相容れない価値観がするようです。

それは違う!男性が勘違いしがちな“男らしさ”あれこれ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。