人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.15

水天宮はペットの安産祈願ができる神社だって知ってた?

■連載/ペットゥモロー通信

IMG_0246

安産と子授けの神様として有名な東京水天宮。現在は本社殿が改築のため、日本橋浜町の仮宮に遷宮されています。4月には新社殿が完成する予定。戌の日にはたくさんの妊婦さんやその家族が詰めかけるスポット。安産と子授け以外にもご利益があること間違いなしの東京水天宮仮宮へ可愛いワンコを見つけに行ってきました。

安産の神様、子供の守護神の水天宮

IMG_0247

水天宮は、元々、福岡県久留米市の鎮守様。江戸時代に、第九代藩主徳川頼徳公の時代に、三田、赤羽の有馬藩上屋敷に分祀されて以来、庶民の信仰を集め、明治5年に日本橋蠣殻町に遷座されました。現在は本社殿を改築しているので、日本橋浜町の仮宮に遷宮されています。

戌の日に安産祈願の夫婦が詰めかける理由は?

戌の日になると、安産祈願の夫婦やそのご家族が詰めかけます。特に土日で大安など暦のよい日は本殿にたどり着くまで3時間待ちなんてこともあるくらい、東京の代表的な安産祈願の名所なんです。(現在は仮宮なので比較的スムーズです)

「戌の日」とは、十二支の11番目にあたる干支で12日に1度めぐってくる日。日本では、妊娠5か月目に入った最初の戌の日に妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをするのが風習となっています。犬はたくさん子供を産み、お産も軽いので、それにあやかって戌の日に安産祈願を行うようになったといわれています。

安産の象徴、母子犬をモチーフにした「子宝いぬ」が人気

IMG_0252

子宝いぬは安産の象徴である母子犬の像の周りを十二支の文字が書かれた玉が囲んでいます。その中から生まれ年の球をなでることによって安産祈願や子供の無事成長を祈願するほか、家内安全、厄除けなどのご利益があるんです。

水天宮本殿の遷座に伴い、現在は本社殿完成まで、地下鉄半蔵門線水天宮駅直結のロイヤルパークホテル1階のロビーで私たちを出迎えてくれます。仮宮と子宝いぬを両方お参りできるように、無料送迎バス「子宝丸」が運行されているのも便利ですね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ