人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.04.07

【モバイルPC選びの新基準】「サイズ」「重さ」「バッテリー」で選ぶなら?

【「サイズ」「重さ」「バッテリー」で選ぶなら?】

 インターネットやSNSなどは、もはやスマホでも十分だが、PowerPointやExcelを使って資料を作成したり、ビジネスメールなど、仕事で利用したりするなら、やはりモバイルPCが欲しくなる。

 とはいえ、一概にモバイルPCと言っても、利用シーンや使い方によって、最適なモデルは変わってくる。ここでは、モバイルPCを選ぶときのチェックポイントを3つのテーマに分けて紹介していこう。

 1回目のテーマは“携帯性で選ぶ”だ。モバイルPCの基本は、当然ながら“持ち歩いて使うこと”だ。常にカバンに入れて置くことを考えれば、重量やサイズ、バッテリー駆動時間といったモビリティに直結するポイントを重視しておくのがテッパンだ。

 まずは“サイズ”に注目しておきたい。薄いことは大前提だが、画面サイズも重要。大画面にすれば見やすいが、一方で画面が小さい場合はカバンへの出し入れもしやすくなる。画面は極力大きく、なおかつ幅や奥行きはなるべく小さいモデルを選びたい。

 また“重さ”も重要なポイントだ。外回りの多い仕事なら、1日中、カバンに入れて持ち歩くこともザラにある。となれば、たとえ1グラムでも、軽いモデルを選びたくなるところだろう。

 一方で“バッテリー駆動時間”も見逃せない。バッテリー駆動時間に不安があると、電源を確保できるカフェなどを探し回ることになり、時間をロスしてしまうからだ。いざというとき、バッテリー駆動だけで、安心して作業したいなら、出来る限りバッテリー駆動時間の長いモデルを選ぶべきだ。

 それでは“サイズ”、“重量”、“バッテリー駆動時間”の3つに注目して、イチ押しのモデルをピックアップしてみよう。

■持ち運びやすさで選ぶなら11.6型モデル

 モバイルPCの主流となるサイズは13.3型だが、持ち歩いて使い倒すなら11.6型モデルが狙い目だ。液晶パネルは、高解像度のモデルでもフルHDになるが、このクラスの本体サイズは、幅が290mm前後、奥行きが200mm前後と、A4サイズ書類とほぼ同じ。カバンからの出し入れがスムーズで、書類を取り出したり、収めたりする感覚で扱える。また、フットプリントが小さいので、膝の上でも安定するため、電車の移動中などでも使いやすい。

●イチオシ製品はコレ!

デル『New XPS 13 プレミアム』
http://www.dell.co.jp/
[直販価格]13万8871円

Ph01-11_New XPS 13
13.3型液晶パネルを搭載しながらも、極細ベゼル設計を採用し、幅304ミリ、奥行き200ミリと、11.6型と同等のサイズを実現。4Kモデルも用意している。

Ph01-12_New XPS 13
ディスプレイのベゼル幅わずか5.2ミリと極細。13.3型液晶ながら本体幅を304ミリに抑えている。

[CPU]Core i5-6200U
[メモリー]8GB
[ストレージ]SSD256GB
[ディスプレイ]13.3型(1920×1080ドット)
[バッテリー駆動時間]約18時間14分
[サイズ/重量]W304×H15×D200mm/約1.29kg

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ