人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【石野純也レビュー】使ってわかった『iPhone SE』の◯と×

2016.03.31

 室内でやや暗いシチュエーションで、フラッシュなしで撮った写真も、まずまずといったところ。あえて明かりが少ない席に座って実力を試してみたため、細かい部分を見るとノイズが乗っているが、SNSなどに投稿する程度であれば、十分なクオリティと言えるだろう。iPhone 6s Plusのように光学手ぶれ補正がついていないのは残念だが、スマートフォン全体の中でも、高いカメラ性能であることが分かる。

暗い場所では少しノイズが目立つ印象も
暗い場所では少しノイズが目立つ印象も

 iPhone 5やiPhone 5sが対応していない、「Retina Flash」も利用できる。これは、フラッシュの代わりにディスプレイを最大輝度の3倍の明るさで点灯させ、暗い場所でもキレイにセルフィー(自撮り)を撮る機能のこと。単に画面を光らせているだけではないため、ハードウェア側の対応も必要になり、これまでは対応機種がiPhone 6s、iPhone 6s Plusに限られていた。

 実際利用してセルフィーを撮ってみたが、単にディスプレイの明かりとあなどるなかれ。暗い場所だと、Retina Flashあり、なしの違いは歴然としている。セルフィーを楽しみたい人にも、うってつけの機種に仕上がっていると言えるだろう。

Retina Flashあり Retina Flashなし
部屋を暗くした状態で撮影。左がRetina Flashあり、右がRetina Flashなしだ

 ただし、iPhone 6sやiPhone 6s Plusと、機能が完全に同じというわけではない。代表的な機能では、画面をグッと押し込んで操作する「3D Touch」に非対応だ。両機種の売りであったため、iPhone SEで非対応なことは賛否が分かれるかもしれないが、筆者個人の印象は、「なくても特に困らない」といったところ。対応アプリを利用したかった人には残念かもしれないが、3D Touchがないからといって、大きく不便になるわけではない。

3D Touchには非対応。「Live Photos」は、ロングタップで再生できる
3D Touchには非対応。「Live Photos」は、ロングタップで再生できる

 少々悩ましいのが、LTEの通信性能だ。キャリアアグリゲーションに対応している現行のiPhone 6sやiPhone 6s Plusとは異なり、iPhone SEはLTEのカテゴリー4で、下りの速度は最大150Mbpsまでしか出ない。違いは理論上の最高速度だけに見えるかもしれないが、実はキャリアアグリゲーションがないことの方が大きい。

 実際、同じ場所でauのSIMカードを使い、iPhone 6sと速度を比べてみたが、やはり下りでiPhone SEの方が10Mbps程度遅い。それだけならまだいいが、iPhone SEは渋谷駅近辺で電波の弱い、WiMAX 2+(Band 41)をつかんでしまこともたびたびあった。その場合、さらに速度が落ち、上りに至っては1Mbpsを切ってしまう。通信の安定性という点では、エリアの広い800MHz帯(Band 18)をつかみつつ、2GHz帯(Band 1)でさらに速度を上げるキャリアアグリゲーションに対応していた方がいい。

iPhone SE iPhone 6s
キャリアアグリゲーションがないiPhone SE(左)は、iPhone 6s(右)に比べ、速度が遅くなった

WiMAX 2+をつかむと、上りの速度が一気に落ちてしまう
WiMAX 2+をつかむと、上りの速度が一気に落ちてしまう

 これは、auのSIMカードを挿したケースだが、ドコモやソフトバンクでも同様のことが言える。今のキャリアのネットワークは、キャリアアグリゲーションが利用できることを前提に、進化しているためだ。キャリアアグリゲーションは人が密集するエリアでの快適さにもつながるため、2016年の3月に出す機種としては、ぜひここに対応してほしかったというのが本音だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。