人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.31

【石野純也レビュー】使ってわかった『iPhone SE』の◯と×

■連載/石野純也のガチレビュー

 アップルの新型「iPhone SE」が発売された。ドコモ、ソフトバンクに加え、アップルストアではSIMフリー版を購入することも可能だ。iPhone SEは、iPhone 5sなどと同じ4インチサイズの筐体に、iPhone 6s相当の機能をギュッと詰め込んだ1台。ディテールの違いはあるが、デザインはほぼそのままの一方で、CPU、GPU、カメラといった主要な機能は、最新機種と同程度までブラッシュアップされている。短い期間ではあるものの、このiPhone SEを発売前に使用することができたため、先行レビューをお届けしたい。

4インチのボディに最新機能を凝縮したiPhone SE
4インチのボディに最新機能を凝縮したiPhone SE

■持ちやすさはやはり4インチに軍配が上がる

 当たり前だが、ディスプレイが4インチと小ぶりになっているため、全体のサイズもiPhone 6sやiPhone 6s Plusと比べ、コンパクトになっている。iPhone 5やiPhone 5sを使っているユーザーにはなじみのあるサイズかもしれないが、一度大画面の端末を使ったあと、iPhone SEを持つと、新鮮な気持ちになれる。久々に持った筆者の第一印象は、「小さい」というものだった。

 コンパクトゆえに、片手での操作性も高い。手が大きいこともあり、iPhone 6sでも指が届かないといったことはないが、iPhone SEになると、画面の端から端まで、やすやすとタッチできる。特にiPhoneシリーズは、OSの仕様上、アイコンが左上から並んでしまう。上の方にあるアイコンをタップしようとしたときの操作性に関しては、やはりiPhone SEがトップクラスだ。逆に、筆者のような手の大きな男性でも、このUIだとiPhone 6s Plusの5.5インチは少々扱いづらい。

ボディがコンパクトなため、片手持ちでも画面の端から端まで指が届く
ボディがコンパクトなため、片手持ちでも画面の端から端まで指が届く

本体に、ほどよい厚みがあるのも、持ちやすさに貢献している
本体に、ほどよい厚みがあるのも、持ちやすさに貢献している

電源ボタンは本体上部にあるが、コンパクトなためこの位置でも押しやすい
電源ボタンは本体上部にあるが、コンパクトなためこの位置でも押しやすい

 凝縮感があるためか、iPhone 6sを使ったあとだと、ズシリとした重さも感じる。ただし、それはあくまで感覚的なもの。実際の数値だと、iPhone SEが113gなのに対し、iPhone 6sは143gだ。iPhone 6sの場合、本体が大きいぶん、手に感じ取れる重さが分散しているのかもしれない。iPhone SEの厚みがあることも、そう感じさせた一因だろう。

 コンパクトで扱いやすい一方で、当然のトレードオフとして、小さいことのデメリットもある。ディスプレイが小さくなれば、映像の迫力は落ちるし、文字も小さくなってしまう。iPhone 6sやiPhone 6sにある拡大表示もないため、視力が高くないと少々文字を読み取りづらいと感じるかもしれない。

画面の迫力や、文字の読みやすさを考えると、画面はもう少し大きい方がいい
画面の迫力や、文字の読みやすさを考えると、画面はもう少し大きい方がいい

 また、スマートフォンは、画面内に表示したキーボードで文字を入力する。画面が小さいということは、キーボードのサイズもそれに比例する。フリック入力が利用できる日本語の場合、キーの数が少ないためそれほど影響はないものの、キーの数が多く、1つ1つが小さなQWERTYキーだと誤入力してしまうことがあった。iPhone 6sやiPhone 6s Plusで一度大画面に慣れてしまったあとだと、この点は少々辛いかもしれない。持ちやすいことは確かだが、選択の際には、自分の手の大きさを考え、映像の迫力や入力のしやすさなどまで、総合的に考えておくべきだろう。

このサイズだと、QWERTYキーが小さく、少々押しづらい
このサイズだと、QWERTYキーが小さく、少々押しづらい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ