人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LTE対応で800g切り!『Let's note CF-RZ5』VS『LAVIE Hybrid ZERO』超軽量2in1パソコン買うならどっち?

2016.04.02

LTE対応で800g以下!超軽量2in1パソコン対決

「俺はカラダ鍛えているからいくら重くても平気」というマッチョな人は別にして、持ち運び時の身体への負担を考えると、モバイルPCは軽い方がありがたい。

 少し前までは、1.5kgを切ればすごく軽く感じられていたモバイルPCだが、1kg切りが当たり前になってきた。一度軽いマシンを持ち運ぶようになると、後戻りはできない。モバイルPCの進化の方向性はいくつもあるが、軽さこそが絶対的な正義と言えるだろう。

 さらに昨今は、タブレットPCとしても使える、いわゆる2in1のマシンが普及したこともあり、軽いほどに手や腕にかかる負担も小さくできる。重いタブレットを持ちながら、ドラマや映画を鑑賞するなど苦行でしかあり得ない。

 モバイルPCのトレンドをもうひとつ挙げるなら、LTEへの対応だろう。MVNOなどのSIMカードを入れることで、Wi-Fiのない環境でも高速にインターネットに接続が可能になる。これも一度慣れると後戻りしにくい機能だ。

 そこで今回は、LTE対応で800gを切る超軽量モバイルノート、パナソニック『Let's note CF-RZ5(CF-RZ5HFMQR)』とNEC『LAVIE Hybrid ZERO HZ330/DAS』の両機種を取り上げ、様々な視点で比較していこう。

『Let's note CF-RZ5』実勢価格は25万円前後。
『Let's note CF-RZ5』実勢価格は25万円前後。

『LAVIE Hybrid ZERO HZ330/DAS』実勢価格は20万円前後。
『LAVIE Hybrid ZERO HZ330/DAS』実勢価格は20万円前後。

●形状の違い

・Let's note

ディスプレイ部が回転することで、タブレットスタイルになる。
ディスプレイ部が回転することで、タブレットスタイルになる。

・LAVIE Hybrid ZERO

本体(ディスプレイ部)がキーボード部と脱着するタイプ。
本体(ディスプレイ部)がキーボード部と脱着するタイプ。標準でセットされるのはバッテリーを内蔵する「モバイルパワーキーボード」。より軽量の「フラットカバーキーボード」もオプションで用意される。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。