人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.29

男女6人移住物語!三重県のIターン促進PR動画「ミエタカラ」が話題に

三重県は、移住促進、特に I ターンをテーマとしたPR動画「ミエタカラ」をYouTube(「つづきは三重で」公式チャンネル)で公開した。動画は架空の人気観察バラエティ番組「ミエタカラ」のスペシャル版という設定。「ミエタカラ」は、都会からやってきた男女 6 人が、三重県伊勢志摩で共同生活しながら、三重ならではの豊かな自然や人の温かさに見守られながら再就職をめざしていく姿を伝えていく番組だ。今回は、主人公が、挫折しながらも漁師として三重で生きていくことを決意し、共同生活を卒業するまでのシーンをまとめたもの。

PR動画「ミエタカラ」 PR動画「ミエタカラ」

★YouTube チャンネル「つづきは三重で」(https://www.youtube.com/channel/UCdP1dFJ_zNO8sx4nKKEeHmQ

★「つづきは三重で」公式サイト(http://www.mie30.jp/

●内容・ストーリー

Iターンを支援するために、県が企画した架空の人気テレビ番組「ミエタカラ」。番組の募集で集まった男女が三重で共同生活し、再就職(Iターン)を目指す。番組の舞台は三重県伊勢志摩。県が提供するのは、さまざまな再就職先と、オシャレな古民家「ISE YASHIKI」。再就職が決まったら、卒業して「ISE YASHIKI」を出るのがルール。

登場人物は、都会からやってきた、さまざまな事情を抱える 6 人の男女。今回の内容は、強烈なキャラクターである主人公の浅井純平が、他のメンバーと出会い、挫折や恋愛を経験しながら、三重で漁師として生きていくことを決意し、「ISE YASHIKI」を卒業するまでのシーンをまとめた「JP 卒業スペシャル!!」だ。

なお、この番組は、「ISE YASHIKI」で共同生活する 6 人のドキュメントシーンと、その様子を観察トークするスタジオシーンで構成されている。スタジオシーンでは、三重ゆかりのタレントや現役海女さんたちが、6人にツッコミを入れながら視聴者の感想を代弁していく。

●「つづきは三重で」とは?

地方創生・人口減少対策にチャレンジする三重県は、「選ばれる自治体」としての県の認知度向上・イメージアップを図るため、昨年 9 月にプロモーション企画「つづきは三重で」をスタートした。企画のキャッチコピーである「つづきは三重で」は、ターゲットが持つ、夢や希望を実現するための解決策が、「三重を選ぶ」ことであり、その「つづき」のステージは三重にあるよ!というメッセージだ。昨年9月に第 1 弾となる移住促進PR動画「三重Uターンサミット」を公開している。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。