人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2016.03.30

アサイーを日本に広めた会社が打ち出す注目のスーパーフードとは?

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆スーパーフード「アサイー」に続くネクストアサイーのフルーツも登場

 スーパーフードとしてブームを巻き起こしたアサイーを2002年に日本に初めて輸入した「フルッタフルッタ」の新製品発表会が駐日ブラジル大使館で開催された。会場にはフルッタフルッタの長澤 誠代表取締役兼CEO、駐日ブラジル大使館の通商部一等書記官のアナ・パウラ・コーベさん、スーパーフード協会の森 弘子さんらが出席した。

アサイーを日本に広めたフルッタフルッタが打ち出す次なるスーパーフードとは?

「2002年のフルッタフルッタ創業時はアサイーの輸入量はわずか25トンだったと聞いているが、昨年は2500トンになった。アサイーはアマゾン地域はもちろん、スーパーフードと呼ばれる中でも重要な食べ物で、フルッタフルッタはブラジル大使館が進めている『ブラジリアンライフスタイル』の普及活動と軌を一にしている。アサイーだけでなくグァバやグラヴィオーラ、アセロラといったさまざまなフルーツも紹介してもらっており、フルッタフルッタはブラジルの健康的な食生活、持続可能な農業の普及に大きな貢献をしている。さらに農業を通じて地域住民の所得確保による生活の改善への貢献、生産地のアマゾン地域の自然保護にも大変力を入れていただいていることに感謝している」(コーベ一等書記官)

 会場ではブラジルのソウルフード「シュラスコ」(ブラジリアンバーベキュー)をはじめとしたブラジル料理や、フルッタフルッタ新製品の試飲コーナーが設けられ、美味しいブラジル料理とドリンクに舌鼓を打った。

アサイーを日本に広めたフルッタフルッタが打ち出す次なるスーパーフードとは? アサイーを日本に広めたフルッタフルッタが打ち出す次なるスーパーフードとは?

 フルッタフルッタは、ドリンクやピューレなどの「フルッタアサイー」、2016年のブラジルイヤーで注目されている「アマゾンスーパーフード」、アレルギー対策などで話題になっている、乳成分を一切使用しない植物性ミルク「デイリーフリー」の3つのシリーズでブランド展開をしている。

「アサイーは日本のスーパーフードの礎的な存在を築いてきた。アサイーは我々の屋台骨の商品だが、一昨年あたりからブーム的な広がりを見せて、それらが落ち着いた今後どうなるかを考えると、アサイーの本当の良さを知ってもらう原点回帰になるのではないか。

 アサイーの市場規模は推測だがおおよそ100億円で、ブーム時に比べると最大で30%減になったと当社では見ている。しかし30%減ということは7割のお客様は定着したともいえるので、一過性のブームではなく高い定着率だったと考えている。我々の取り組みにより多くの方々にアサイーの本質を感じてもらい、食生活に取り入れる方が増えた。そこにブームが乗ったのが昨年、一昨年だったのではないか。今後、アサイーの市場は青汁に似たものになっていくのではないかと見ている。アマゾンにはアサイーに次ぐポテンシャルの高いフードがたくさんある。ネクストアサイーという形でどんどん紹介していきたい」(長澤CEO)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ